日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カスタムの umadmin ユーザと maintenance グループを削除します

寄稿者

Unified Manager をインストールする前にカスタムのホームディレクトリを作成して独自の umadmin ユーザと maintenance アカウントを定義していた場合は、 Unified Manager のアンインストール後にそれらを削除する必要があります。

Unified Manager の標準のアンインストール手順では、カスタムの umadmin ユーザと maintenance アカウントは削除されません。これらの項目は手動で削除する必要があります。

手順
  1. Red Hat Enterprise Linux サーバに root ユーザとしてログインします。

  2. umadmin ユーザを削除します。

    「 userdel umadmin 」

  3. maintenance グループを削除します。

    「グローデル・メンテナンス」