日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMware のインストールのクイックスタート手順

寄稿者

システム要件

  • オペレーティングシステム: VMware ESXi 6.5 、 6.7 、および 7.0

  • RAM : 12GB

  • CPU :合計 9572MHz

  • 空きディスクスペース: 5GB (シンプロビジョニング)、 152GB (シックプロビジョニング)

システム要件の詳細については、を参照してください "Unified Manager をインストールするための要件" および "互換性マトリックス"

Active IQ Unified Manager をインストールしています

インストーラをダウンロードします。

  1. インストールパッケージ ActiveIQUnifiedManager-<version>.ova をダウンロードします。

  2. vSphere Client からアクセス可能なローカルまたはネットワークのディレクトリにファイルを保存します。

Unified Manager をインストールします

  1. vSphere Client で、 * File > Deploy OVF Template * をクリックします。

  2. OVA ファイルを探し、ウィザードを使用して ESXi サーバに仮想アプライアンスを導入します。

  3. [ ネットワーク構成 ] ページの [ プロパティ ] タブで、実行するインストールのタイプに応じて、必要に応じてフィールドに入力します。

    • 静的設定の場合は、すべてのフィールドに必要な情報を入力します。[* Secondary DNS* (セカンダリ DNS * ) ] フィールドへの情報の追加は不要です。

    • IPv4 を使用する DHCP の場合、どのフィールドにも情報を追加しないでください。

    • IPv6 を使用する DHCP の場合は、 [Enable Auto IPv6 addressing] チェックボックスをオンにします。他のフィールドには情報を追加しないでください。

  4. VM の電源をオンにします。

  5. [ コンソール ] タブをクリックして、最初の起動プロセスを表示します。

  6. タイムゾーンを設定します。

  7. Unified Manager のメンテナンスユーザの名前とパスワードを入力します。

インストールの完了時に、 Unified Manager Web UI に接続するための情報が表示されます。