日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プロトコルとポートの要件

寄稿者

このポートとプロトコルを使用して、 Unified Manager サーバは管理対象のストレージシステム、サーバ、その他のコンポーネントと通信します。

Unified Manager サーバへの接続

通常の環境では、 Unified Manager Web UI への接続に常にデフォルトのポートが使用されるため、ポート番号を指定する必要はありません。たとえば、 Unified Manager は常にデフォルトのポートで実行されるため、「 + https://<host>:443+` 」ではなく「 + https://<host>+` 」と入力できます。

注記 MySQL のデフォルトのポート 3306 は、 VMware vSphere システムに Unified Manager をインストールする際に localhost にのみ使用できます。これは、前の構成を維持したままのアップグレードシナリオには影響しません。この設定を変更し、メンテナンスコンソールから他のホストに接続を提供することができます。

Unified Manager サーバでは、次のインターフェイスにアクセスする際に特定のプロトコルを使用します。

インターフェイス プロトコル ポート 説明

Unified Manager Web UI

HTTP

80

Unified Manager Web UI へのアクセスに使用され、自動的にセキュアポート 443 にリダイレクトされます。

Unified Manager Web UI および API を使用するプログラム

HTTPS

443

Unified Manager Web UI へのセキュアなアクセスと API 呼び出しに使用されます。 API 呼び出しは HTTPS でしか実行できません。

メンテナンスコンソール

SSH/SFTP

22

メンテナンスコンソールにアクセスしてサポートバンドルを取得する際に使用されます。

Linux コマンドライン

SSH/SFTP

22

Red Hat Enterprise Linux または CentOS のコマンドラインにアクセスしてサポートバンドルを取得する際に使用されます。

syslog

UDP

514

ONTAP システムからのサブスクリプションベースの EMS メッセージにアクセスし、メッセージに基づいてイベントを作成する際に使用されます。

REST

HTTPS

ポート 1

認証された ONTAP システムからの REST API ベースのリアルタイムの EMS イベントにアクセスする際に使用されます。

注記

HTTP 通信と HTTPS 通信に使用されるポート(ポート 80 と 443 )は、 Unified Manager メンテナンスコンソールを使用して変更できます。詳細については、を参照してください "Active IQ Unified Manager を設定しています"

Unified Manager サーバからの接続

ファイアウォールの設定で、 Unified Manager サーバと管理対象のストレージシステム、サーバ、その他のコンポーネントの間の通信に使用するポートを開くように設定する必要があります。ポートが開いていない場合、通信は失敗します。

環境に応じて、 Unified Manager サーバから特定の接続先への接続に使用するポートとプロトコルを変更することもできます。

Unified Manager サーバは、次のプロトコルとポートを使用して、管理対象のストレージシステム、サーバ、その他のコンポーネントに接続します。

宛先 プロトコル ポート 説明

ストレージシステム

HTTPS

443 tcp

ストレージシステムの監視と管理に使用されます。

注記 このポートや他のポートを使用して VMware vCenter Server または ESXi サーバに接続する場合は、そのポートが使用可能で、保護されたサイトで接続可能であることを確認してください。

ストレージシステム

NDMP

10000 TCP

特定の Snapshot リストア処理に使用されます。

AutoSupport サーバ

HTTPS

443

AutoSupport 情報の送信に使用されます。この機能を実行するには、インターネットアクセスが必要です。

認証サーバ

LDAP

389

認証要求、およびユーザとグループの検索要求に使用されます。

LDAPS

636

セキュアな LDAP 通信に使用されます。

メールサーバ

SMTP

25

アラート通知 E メールの送信に使用されます。

SNMP トラップの送信元

SNMPv1 または SNMPv3

162 UDP

アラート通知 SNMP トラップの送信に使用されます

外部データプロバイダのサーバ

TCP

2003 年

Graphite などの外部データプロバイダにパフォーマンスデータを送信します。

NTP サーバ