日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イベント調査時の画面操作

寄稿者

Unified Manager のイベント詳細ページには、パフォーマンスイベントに関する詳しい情報が表示されます。トラブルシューティングやシステムパフォーマンスの微調整を行う際に、このページでパフォーマンスイベントを調査できます。

パフォーマンスイベントのタイプに応じて、次のいずれかのイベント詳細ページが表示されます。

  • ユーザ定義およびシステム定義のしきい値ポリシーイベントのイベントの詳細ページ

  • 動的しきい値ポリシーのイベントの詳細ページ

次に、イベントを調査する際の手順の一例を示します。

  1. 左側のナビゲーションペインで、 * イベント管理 * をクリックします。

  2. [ 表示 ] メニューの [ アクティブなパフォーマンスイベント * ] をクリックします。

  3. 調査するイベントの名前をクリックすると、イベントの詳細ページが表示されます。

  4. イベントの概要を表示し、提案されたアクション(使用可能な場合)を確認して、問題の解決に役立つイベントの詳細を確認します。分析ワークロード * ボタンをクリックすると、問題の詳細な分析に役立つ詳細なパフォーマンスチャートを表示できます。

イベントフロー