日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノードとアグリゲートの使用可能な IOPS の値の表示

寄稿者

クラスタ内のすべてのノードまたはアグリゲートの使用可能な IOPS の値、または、 1 つのノードまたはアグリゲートの詳細を表示できます。

使用可能な IOPS の値は、パフォーマンスインベントリページおよびパフォーマンスエクスプローラページのノードとアグリゲートのグラフに表示されます。たとえば、ノード / パフォーマンスエクスプローラページでノードを表示しているときに、リストから「使用可能な IOPS 」カウンタチャートを選択すると、そのノードおよびそのノード上の複数のアグリゲートの使用可能な IOPS 値を比較できます。

使用可能な IOPS のズーム

使用可能な IOPS カウンタを監視することで、次の項目を特定できます。

  • 使用可能な IOPS の値が最も大きいノードまたはアグリゲート。今後ワークロードを導入可能な場所を判断します。

  • 使用可能な IOPS の値が最も小さいノードまたはアグリゲート。今後発生する可能性のあるパフォーマンスの問題について監視が必要なリソースを特定します。

  • 使用可能な IOPS の値が小さいアグリゲート上の最も負荷の高いボリュームと LUN 。