日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Active IQ ポータルイベントの有効化

Active IQ ポータルイベントを有効にするか無効にするかを指定できます。この設定を有効にすると、 Active IQ ポータルでシステム構成やケーブル配線などに関する追加のイベントが検出されて表示されます。このオプションはデフォルトで有効になっています。

Active IQ Unified Manager でこの機能を有効にすると、 Active IQ ポータルで検出されたイベントが表示されます。イベントは、すべての監視対象ストレージシステムから生成された AutoSupport メッセージに対して一連のルールを実行することによって作成されます。これらのイベントは Unified Manager の他のイベントとは異なり、システム構成、ケーブル配線、ベストプラクティス、および可用性の問題に関連するインシデントやリスクを特定します。

この機能をアクティブ化または非アクティブ化するには、 * 一般 * > * 機能設定 * > * Active IQ ポータルイベント * を選択します。外部ネットワークへのアクセスがないサイトでは、 * Storage Management * > * Event Setup * > * Upload Rules * からルールを手動でアップロードする必要があります。

この機能はデフォルトで有効になっています。この機能を無効にすると、 Active IQ イベントが Unified Manager で検出または表示されなくなります。無効にすると、この機能を有効にすると、クラスタタイムゾーンの事前定義された時刻( 00 : 15 )に Unified Manager がクラスタで Active IQ イベントを受信できるようになります。