日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Active Directory または OpenLDAP による認証

寄稿者

管理サーバでリモート認証を有効にし、管理サーバが認証サーバと通信するように設定すると、認証サーバ内のユーザが Unified Manager にアクセスできるようになります。

事前定義された次の認証サービスのいずれかを使用するか、独自の認証サービスを指定できます。

  • Microsoft Active Directory の略

    注記

    Microsoft のライトウェイトディレクトリサービスは使用できません。

  • OpenLDAP

必要な認証サービスを選択し、適切な認証サーバを追加してその認証サーバのリモートユーザが Unified Manager にアクセスできるようにします。リモートのユーザまたはグループのクレデンシャルは、認証サーバで管理されます。管理サーバでは、設定された認証サーバ内のリモートユーザの認証に Lightweight Directory Access Protocol ( LDAP )を使用します。

Unified Manager で作成されたローカルユーザについては、管理サーバのデータベースでユーザ名とパスワードが管理されます。管理サーバで認証が実行され、 Active Directory 認証または OpenLDAP 認証が使用されることはありません。