日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

メンテナンスコンソールのメニュー

寄稿者

メンテナンスコンソールは各種のメニューで構成され、 Unified Manager サーバの特別な機能や設定の保守と管理を行うことができます。

Unified Manager をインストールしたオペレーティングシステムに応じて、メンテナンスコンソールは次のメニューで構成されます。

  • Upgrade Unified Manager ( VMware のみ)

  • Network Configuration ( VMware のみ)

  • System Configuration ( VMware のみ)

    1. サポート/診断

    2. サーバ証明書をリセットします

    3. 外部データプロバイダ

    4. バックアップのリストア

    5. パフォーマンスポーリング間隔の設定

    6. SAML 認証を無効にする

    7. アプリケーションポートを表示/変更します

    8. デバッグログの構成

    9. MySQLポート3306へのアクセスを制御します

    10. 終了します

特定のメニューオプションにアクセスするための番号をリストから選択します。たとえば、バックアップとリストアの場合は、「4」を選択します。