日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAML 認証の設定を管理する

リモート認証の設定が完了したら、 Security Assertion Markup Language ( SAML )認証を有効にして、 Unified Manager の Web UI にアクセスするリモートユーザをセキュアなアイデンティティプロバイダ( IdP )で認証するように設定できます。

SAML 認証を有効にしたあとで Unified Manager のグラフィカルユーザインターフェイスにアクセスできるのはリモートユーザのみです。ローカルユーザとメンテナンスユーザは UI にアクセスできません。この設定は、メンテナンスコンソールにアクセスするユーザには影響しません。