日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAML Authentication ページ

SAML 認証ページを使用して、 Unified Manager の Web UI にログインするリモートユーザを SAML を使用してセキュアなアイデンティティプロバイダ( IdP )で認証するように Unified Manager を設定できます。

  • SAML 設定を作成または変更するには、アプリケーション管理者ロールが必要です。

  • リモート認証を設定しておく必要があります。

  • リモートユーザまたはリモートグループを少なくとも 1 つ設定しておく必要があります。

リモート認証とリモートユーザの設定が完了したら、 SAML 認証を有効にするチェックボックスをオンにして、セキュアなアイデンティティプロバイダを使用した認証を有効にすることができます。

  • * IdP URI *

    Unified Manager サーバから IdP にアクセスするための URI 。URI の例を次に示します。

    ADFS の URI の例:

    Shibboleth の URI の例:

  • * IdP メタデータ *

    XML 形式の IdP メタデータ。

    Unified Manager サーバから IdP の URL にアクセスできる場合は、「 * IdP メタデータの取得方法 * 」ボタンをクリックしてこのフィールドに値を入力できます。

  • * ホストシステム( FQDN ) *

    インストール時に定義された Unified Manager ホストシステムの FQDN 。この値は必要に応じて変更できます。

  • * ホスト URI *

    IdP から Unified Manager ホストシステムにアクセスするための URI 。

  • * ホストメタデータ *

    XML 形式のホストシステムメタデータ