日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

vSphere VM コンソールを使用してメンテナンスコンソールにアクセスする

Unified Manager ユーザインターフェイスが動作状態でない場合、またはこのユーザインターフェイスにない機能を実行する必要がある場合は、メンテナンスコンソールにアクセスして仮想アプライアンスを再設定できます。

  • 必要なもの *

  • maintenance ユーザである必要があります。

  • メンテナンスコンソールにアクセスするには、仮想アプライアンスの電源をオンにする必要があります。

手順
  1. vSphere Client で、 Unified Manager 仮想アプライアンスを探します。

  2. [* コンソール * ] タブをクリックします。

  3. コンソールウィンドウ内をクリックしてログインします。

  4. ユーザ名とパスワードを使用してメンテナンスコンソールにログインします。

    15 分間操作を行わないと、メンテナンスコンソールからログアウトされます。