日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMware 仮想マシンのデータディスクにスペースを追加しています

Unified Manager データベースのデータディスクのスペースを増やす必要がある場合は、インストール後に Unified Manager のメンテナンスコンソールを使用してディスクスペースを増やして容量を追加できます。

  • 必要なもの *

  • vSphere Client へのアクセス権が必要です。

  • 仮想マシンにスナップショットがローカルに格納されていないことが必要です。

  • メンテナンスユーザのクレデンシャルが必要です。

仮想ディスクのサイズを拡張する前に仮想マシンをバックアップすることをお勧めします。

手順
  1. vSphere Client で、 Unified Manager 仮想マシンを選択し、データ「ディスク 3 」にディスク容量を追加します。詳細については、 VMware のドキュメントを参照してください。

    Unified Manager の導入では、ごくまれに「 Hard Disk 3 」ではなく「 Hard Disk 2 」がデータディスクに使用されることがあります。これが導入環境で発生した場合は、ディスクのサイズを大きくします。データディスクには、常に他のディスクよりも多くの容量があります。

  2. vSphere Client で、 Unified Manager 仮想マシンを選択し、 * Console * タブを選択します。

  3. コンソールウィンドウ内をクリックし、ユーザ名とパスワードを使用してメンテナンスコンソールにログインします。

  4. メインメニューで、 System Configuration オプションの番号を入力します。

  5. System Configuration Menu (システム構成メニュー)で、 * データディスクサイズの増加 * オプションの数値を入力します。