日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

監査ログを設定しています

寄稿者

監査ログセクションの *Configure * ボタンを使用して、監査ログファイルのローリングポリシーを設定したり、監査ログのリモートロギングを有効にしたりできます。

システムに保存するデータの量と頻度に応じて、 * 最大ファイルサイズ * と * 監査ログの保持日数 * の値を設定できます。フィールド * total audit log size * は、システムに存在する監査ログデータの合計サイズです。ロールオーバーポリシーは、「 * 監査ログの保持日数 * 」、「 * 最大ファイルサイズ * 」、および「 * 監査ログの合計サイズ * 」フィールドの値によって決まります。監査ログのバックアップのサイズが、監査ログの合計サイズ * で設定された値に達すると、最初にアーカイブされたファイルが削除されます。つまり、最も古いファイルが削除されます。しかし、ファイルエントリはデータベースで引き続き使用でき、「ロールオーバー削除」とマークされます。監査ログの保持日数 * は、監査ログファイルを保持する日数です。このフィールドに設定された値より古いファイルは、ロールオーバーされます。

手順
  1. [* 監査ログ >] > [ 構成 *] をクリックします。

  2. 最大ファイルサイズ * 、監査ログの合計サイズ * 、監査ログの保持日数 * の値を入力します。

    リモート・ロギングを有効にする場合は、 * リモート・ロギングを有効にする * を選択する必要があります。