日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ポリシーベースのストレージ管理を有効または無効にします

Unified Manager 9.7 以降では、 ONTAP クラスタにストレージワークロード(ボリュームと LUN )をプロビジョニングし、割り当てられたパフォーマンスサービスレベルに基づいてワークロードを管理できます。この機能は ONTAP System Manager でワークロードを作成して QoS ポリシーを適用する処理に相当しますが、 Unified Manager を使用して適用した場合は、 Unified Manager インスタンスで監視しているすべてのクラスタのワークロードをプロビジョニングおよび管理できます。

アプリケーション管理者のロールが必要です。

このオプションはデフォルトで有効になっていますが、 Unified Manager を使用してワークロードをプロビジョニングおよび管理しない場合は無効にできます。

このオプションを有効にすると、ユーザインターフェイスに新しい項目がいくつか追加されます。

新しいコンテンツ 場所

新しいワークロードのプロビジョニングページ

一般的なタスク * > * プロビジョニング * から使用できます

パフォーマンスサービスレベルポリシーの作成ページ

設定 * > * ポリシー * > * パフォーマンスサービスレベル * から選択できます

パフォーマンスストレージ効率化ポリシーの作成ページ

設定 * > * ポリシー * > * ストレージ効率化 * で確認できます

現在のワークロードパフォーマンスとワークロード IOPS を表示するパネル

ダッシュボードで確認できます

これらのページおよびこの機能の詳細については、製品のオンラインヘルプを参照してください。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * 一般 * > * 機能設定 * をクリックします。

  2. [ 機能の設定 * ] ページで、次のいずれかのオプションを選択して、ポリシーベースのストレージ管理を無効または有効にします。

    状況 操作

    ポリシーベースのストレージ管理を無効にする

    ポリシーベースのストレージ管理 * パネルで、スライダボタンを左に動かします。

    ポリシーベースのストレージ管理を有効化

    ポリシーベースのストレージ管理 * パネルで、スライダボタンを右に動かします。