日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム関係ページで保護関係を反転しています

寄稿者 bsandee2

災害によって保護関係のソースボリュームが機能しなくなった場合は、ソースの修理や交換を行う間、デスティネーションボリュームを読み書き可能ボリュームに変換してデータの提供を継続することができます。ソースがデータを受信できる状態に戻ったら、逆再同期処理を使用して逆方向の関係を確立し、ソースのデータを読み書き可能なデスティネーションのデータと同期できます。

  • 必要なもの *

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

  • Workflow Automation のセットアップが完了している必要があります。

  • SnapVault 関係は使用できません。

  • 保護関係がすでに存在している必要があります。

  • 保護関係が解除されている必要があります。

  • ソースとデスティネーションの両方がオンラインになっている必要があります。

  • ソースが別のデータ保護ボリュームのデスティネーションになっていることはできません。

  • このタスクを実行すると、共通の Snapshot コピーのデータよりも新しいソースのデータは削除されます。

  • 逆再同期した関係に対して作成されるポリシーとスケジュールは、元の保護関係と同じになります。

    ポリシーとスケジュールが存在しない場合は作成されます。

手順
  1. [ * ボリューム関係 * ( * Volume Relationships * ) ] ページで、反転する関係を持つ 1 つ以上のボリュームを選択し、ツールバーで [ * 逆再同期 * ( * Reverse Resync * ) ] をクリックします。

    逆再同期( Reverse Resync )ダイアログボックスが表示されます。

  2. 逆再同期を実行する関係が * 逆再同期 * ( Reverse Resync * )ダイアログボックスに表示されていることを確認し、 * 送信 * ( Submit * )をクリックします。

    逆再同期処理が開始されると、ボリューム関係ページに戻り、ページの上部にジョブのリンクが表示されます。

  3. * オプション: * Volume Relationships * ページで * View Jobs * をクリックして、各逆再同期ジョブのステータスを追跡します。

    この処理に関連するジョブがフィルタリングされて表示されます。

  4. * オプション:ブラウザの * 戻る * 矢印をクリックして、 * ボリューム関係 * ページに戻ります。

    すべてのタスクが正常に完了すれば逆再同期処理は終了です。