日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームの保護ステータスを表示しています

データ保護ページには、単一クラスタまたはデータセンター内のすべてのクラスタで保護されているすべてのボリュームのデータ保護の詳細が全体的なビューで表示されます。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * ダッシュボード * をクリックします。

  2. すべての監視対象クラスタのデータ保護ステータスを表示するか、 1 つのクラスタのデータ保護ステータスを表示するかに応じて、 * すべてのクラスタ * を選択するか、ドロップダウンメニューから 1 つのクラスタを選択します。

  3. [ データ保護 ] パネルの右矢印をクリックします。データ保護ページが表示されます。

データセンターで1つまたはすべてのクラスタを選択した場合は、SnapshotコピーまたはSnapMirrorポリシーで保護されているボリュームのデータ保護ステータスと、保護されていないボリュームの数が表示されます。個々のクラスタリストからクラスタを選択すると、そのクラスタ内で保護されているボリュームのSnapshot保護とSnapMirror関係のステータスが表示されます。

このページでイベントをクリックすると、イベントの詳細ページが表示されます。[ すべて表示 *] リンクをクリックすると、 [ イベント管理 ] インベントリページですべてのアクティブな保護イベントを表示できます。マウスのカーソルを合わせると、それぞれのカウントと凡例を表示できます。次のいずれかをクリックできます。

  • 保護されていないボリュームとSnapshotコピーで保護されているボリュームの棒グラフ。ボリュームのページに移動して詳細を確認できます。

  • すべての関係の棒グラフが関係ページに表示され、詳細はソースクラスタでフィルタリングされます。

Snapshotコピーで保護されているボリュームの保護ステータスを表示します

  • Snapshotコピーの概要*:次のような、Snapshotコピーで保護されているボリュームの概要

  • 保護されているが Snapshot コピーで保護されていないボリュームの総数。

  • Snapshot コピーのリザーブスペースを使用中または超えているボリュームの合計数。

  • Snapshot Copies Analysis * には、次の情報が含まれています。

  • Snapshot コピーの個々のイベント。過去 24 時間に生成されたイベントも含まれます。

  • 保護されているボリュームと Snapshot コピーで保護されていないボリュームの詳細チャート。

  • ボリュームが、リザーブされている Snapshot コピー容量を使用、使用、および超えています。

  • Snapshot コピー数に関するボリューム数の内訳。

Snapshotコピーについてはメモを指定します

  • Snapshotコピーで保護されているボリュームの数をカウントする場合、ソースボリュームとデスティネーションボリュームの両方が考慮されます。

  • 返される Snapshot コピーの数は、オンラインで使用可能なボリュームの数だけです。

  • ボリュームを保護対象とする場合は、ボリュームの Snapshot コピーのスケジュールを有効にする必要があります。

  • Snapshotコピーのリザーブスペースの値は、使用されているディスクスペースの量を確認したり、1つ以上のSnapshotコピーを削除した場合に再利用可能なスペースを計算する場合に重要です。

SnapMirror関係の保護ステータスを表示します

  • SnapMirror の概要 * :次のような、 SnapMirror ポリシーで保護されているボリュームの概要。

  • Volume SnapMirror 関係、 Storage VM ディザスタリカバリ( SVM-DR )、およびその組み合わせなど、それぞれの SnapMirror ポリシーで保護されているボリュームの数。

  • 遅延ステータスに基づいて、目標復旧時点(RPO)の遅延が発生しているSnapMirror関係の総数。

  • SnapMirror Analysis * には、次の情報が詳細に含まれています。

  • SnapMirror 関係に対して発生した個々のイベント。過去 24 時間に発生したイベントも含まれます

  • 各タイプのSnapMirrorポリシーで保護されているボリュームの数。

  • 非同期ミラー、非同期バックアップ、非同期ミラーバックアップ、StricxtSync、SnapMirror Business Continuity(SMBC)整合グループ、同期など、SnapMirror関係で保護される関係の数。

  • 健全でない関係の数。

  • ボリューム関係の数を表示します。グラフはRPOの遅延時間とステータスで切り替えることができます。

SnapMirror関係については、メモを指定します

  • SnapMirror関係のカウントでは、読み取りと書き込みが有効なソースボリュームがカウントされます。デスティネーションボリュームとルートボリュームは考慮されません。

  • SnapMirror関係の数には、ソースとデスティネーションが同じクラスタまたは異なるクラスタにあるボリュームの数が含まれます。

  • データレプリケーションにおけるRPOの遅延時間は、SnapMirror関係に基づいています。ステータスは’関係のしきい値セットに基づいて’OK''warning]'または’error’に分類されますステータスを確認して、パラメータが想定どおりに機能しているかどうか、または問題 に対処する必要があるかどうかを判断できます。

  • ボリュームに複数のSnapMirror関係がある場合、RPO遅延には各関係タイプがカウントされます。

  • ソースとデスティネーションの間でデータレプリケーションに問題がある場合、たとえば関係が解除されたときなど、ボリューム関係は正常な状態でないとみなされます。