日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

管理ステーションイベント

管理ステーションイベントは、 Unified Manager がインストールされているサーバのステータス情報を提供します。これにより、潜在的な問題を監視できます。影響範囲別にイベントがまとめられ、イベント名とトラップ名、影響レベル、ソースタイプ、および重大度が表示されます。

影響範囲:構成

イベント名(トラップ名) 影響レベル ソースタイプ 重大度

管理サーバのディスクスペースがほぼフル( Document EvtUnifiedManagerDiskSpaceNearlyFull )

リスク

管理ステーション

警告

管理サーバのディスクスペースがフル( Document EvtUnifiedManagerDiskSpaceFull )

インシデント

管理ステーション

重要

管理サーバのメモリが減少( Document EvtUnifiedManagerMemoryLow )

リスク

管理ステーション

警告

管理サーバのメモリがほとんどない( Document EvtUnifiedManagerMemoryAlmostOut )

インシデント

管理ステーション

重要

MySQL ログファイルのサイズが増加しました。再起動が必要です( Document EvtMysqlLogFileSizeWarning )

インシデント

管理ステーション

警告

監査ログサイズ割り当ての合計がフルになります

リスク

管理ステーション

警告

syslog サーバ証明書の有効期限が近づいています

リスク

管理ステーション

警告

syslog サーバ証明書の有効期限が切れました

リスク

管理ステーション

エラー

監査ログファイルが改ざんされました

リスク

管理ステーション

警告

監査ログファイルが削除されました

リスク

管理ステーション

警告

syslog サーバ接続エラー

リスク

管理ステーション

エラー

syslog サーバ設定が変更されました

イベント

管理ステーション

警告

影響範囲:パフォーマンス

イベント名(トラップ名) 影響レベル ソースタイプ 重大度

パフォーマンスデータ分析への影響( Document EvtUnifiedManagerDataMissingAnalyze )

リスク

管理ステーション

警告

パフォーマンスデータ収集への影響( Document EvtUnifiedManagerDataMissingCollection )

インシデント

管理ステーション

重要

注記

最後の 2 つのパフォーマンスイベントは、 Unified Manager 7.2 でのみ使用されていたものです。これらのいずれかのイベントが新規の状態で存在している場合、 Unified Manager ソフトウェアを新しいバージョンにアップグレードしてもイベントは自動的にパージされません。イベントを手動で解決済みの状態に移行する必要があります。