日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スケジュールされたメンテナンス時間を変更またはキャンセルする

Unified Manager のメンテナンス時間を設定している場合、開始時刻と終了時刻を変更したり、メンテナンス時間をキャンセルしたりできます。

  • 必要なもの *

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

メンテナンス時間中に、スケジュールされたメンテナンス時間の終了時刻よりも前にクラスタのメンテナンスが完了し、クラスタからのイベントやアラートの受信を再開する場合は、現在のメンテナンス時間をキャンセルすると便利です。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage Management * > * Cluster Setup * をクリックします。

  2. クラスタの「 * Maintenance Mode * 」列で、次の手順を実行します。

    状況 実行する手順

    スケジュールされたメンテナンス時間の期間を変更する

    1. スライダボタンの横にある「スケジュール済み」というテキストをクリックします。

    2. 開始日時または終了日時を変更し、 * 適用 * をクリックします。

    アクティブなメンテナンス期間を延長します

    1. スライダボタンの横にある「 Active 」というテキストをクリックします。

    2. 終了日時を変更し、 * 適用 * をクリックします。

    スケジュールされたメンテナンス時間をキャンセルする

    スライダボタンを選択して左に移動します。

    アクティブなメンテナンス期間をキャンセルする

    スライダボタンを選択して左に移動します。