日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

解決済み / 廃止状態のイベントに対するアラートの有効化 / 無効化

アラートを送信するように設定したすべてのイベントについて、使用可能なすべての状態(新規、確認済み、解決済み、廃止)に移行したときにアラートメッセージが送信されます。イベントが解決済み / 廃止状態に移行したときにアラートを受信したくない場合は、アラートを抑制するようグローバルに設定できます。

  • 必要なもの *

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

デフォルトでは、イベントが解決済み / 廃止状態に移行する際にアラートは送信されません。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage Management * > * Alert Setup * をクリックします。

  2. [* アラートの設定 * ( * Alert Setup * ) ] ページで、項目の横にあるスライダコントロールを使用して、解決済み / 廃止イベントのアラート * を使用して、次のいずれかのアクションを実行します。

    目的 手順

    イベントが解決済みまたは廃止状態に移行したときのアラートの送信を停止します

    スライダコントロールを左に移動します

    イベントが解決済みまたは廃止状態に移行したときのアラートの送信を開始します

    スライダコントロールを右に移動します