日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Active IQ イベントレポートの有効化と無効化

Active IQ プラットフォームイベントは、デフォルトで生成されて Unified Manager ユーザインターフェイスに表示されます。「ノイジー」が大きすぎる場合や、 Unified Manager でこれらのイベントを表示したくない場合は、これらのイベントの生成を無効にすることができます。あとで有効にして、これらの通知の受信を再開することができます。

  • 必要なもの *

アプリケーション管理者のロールが必要です。

この機能を無効にすると、 Unified Manager は Active IQ プラットフォームイベントの受信をただちに停止します。

この機能を有効にすると、クラスタのタイムゾーンの午前 0 時を過ぎに Unified Manager は Active IQ プラットフォームイベントの受信を開始します。開始時刻は、 Unified Manager がいつ各クラスタから AutoSupport メッセージを受信したかによって決まります。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * 一般 * > * 機能設定 * をクリックします。

  2. [* 機能の設定 * ] ページで、次のいずれかのオプションを選択して Active IQ プラットフォームイベントを無効または有効にします。

    状況 操作

    Active IQ プラットフォームイベントを無効にします

    Active IQ ポータルイベント * パネルで、スライダボタンを左に動かします。

    Active IQ プラットフォームイベントを有効にします

    Active IQ ポータルイベント * パネルで、スライダボタンを右に動かします。