日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Storage VM コンプライアンスのカテゴリ

寄稿者 netapp-manini

次の表に、 Unified Manager で評価される Storage Virtual Machine ( SVM )セキュリティコンプライアンスの条件、ネットアップの推奨事項、および SVM が準拠か非準拠かの総合的な判断にパラメータが影響するかどうかを示します。

パラメータ 説明 推奨事項 SVM コンプライアンスに影響します

監査ログ

監査ロギングが有効になっているかどうかを示します。

有効

はい。

セキュアでない SSH 設定

SSH が安全でない暗号を使用しているかどうかを示します。たとえば、「 CBC * 」で始まる暗号などです。

いいえ

はい。

ログインバナー

システムで SVM にアクセスするユーザに対してログインバナーが有効になっているかどうかを示します。

有効

はい。

LDAP 暗号化

LDAP 暗号化が有効になっているかどうかを示します。

有効

いいえ

NTLM 認証

NTLM 認証が有効になっているかどうかを示します。

有効

いいえ

LDAP ペイロードの署名

LDAP ペイロードの署名が有効になっているかどうかを示します。

有効

いいえ

CHAP 設定

CHAP が有効になっているかどうかを示します。

有効

いいえ

Kerberos V5

Kerberos v5 認証が有効か無効かを示します。

有効

いいえ

NIS 認証

NIS 認証の使用が設定されているかどうかを示します。

無効

いいえ

FPolicy ステータスがアクティブです

FPolicy が作成されているかどうかを示します。

はい。

いいえ

SMB 暗号化が有効です

SMB 署名と封印が有効になっていないかどうかを示します。

はい。

いいえ

SMB 署名が有効になりました

SMB 署名が有効になっていないかどうかを示します。

はい。

いいえ