日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows のバックアップの場所を設定しています

Windows に Active IQ Unified Manager がインストールされている場合でも、 Snapshot バックアップを格納するようにボリュームを設定する必要があります。

  • 必要なもの *

クラスタ、 Storage VM 、およびボリュームが次の要件を満たしている必要があります。

  • クラスタの要件:

    • ONTAP 9.3 以降がインストールされている必要があります

    • Unified Manager サーバに地理的に近い場所に配置する必要があります

    • Unified Manager によって監視されます

  • Storage VM の要件:

    • ONTAP クラスタでの iSCSI 接続

    • 構成されたマシンで iSCSI プロトコルが有効になっている必要があります

    • バックアップ構成用に専用のボリュームと LUN を用意します。選択したボリュームには LUN が 1 つしか含まれていない必要があります。

    • LUN のサイズは、 9.9 Active IQ Unified Manager で処理されると想定されるデータサイズの 2 倍以上にする必要があります。

      これにより、ボリュームにも同じサイズ要件が設定されます。

    • すべての読み取り / 書き込みアクセスが選択されていることを確認します

    • エクスポートポリシーで Superuser Access が「 any 」に設定されていることを確認します

  • ボリュームと LUN の要件:

    • ボリュームのサイズは、 Unified Manager の MySQL データディレクトリの 2 倍以上にする必要があります。

    • セキュリティ形式は Windows に設定する必要があります

    • ローカル Snapshot ポリシーを無効にする必要があります

    • ボリュームのオートサイズを有効にする必要があります

    • パフォーマンス・サービス・レベルは 'Extreme など ' 高い IOPS と低い遅延を持つポリシーに設定する必要があります