日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux システムへの Unified Manager 仮想アプライアンスの移行

Unified Manager を実行するホストオペレーティングシステムを変更する場合は、 Unified Manager の MySQL データベースダンプバックアップを仮想アプライアンスから Red Hat Enterprise Linux システムまたは CentOS Linux システムにリストアすることができます。

  • 必要なもの *

  • 仮想アプライアンス:

    • オペレータ、アプリケーション管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

    • リストア処理用に、 Unified Manager のメンテナンスユーザの名前を確認しておく必要があります。

  • Linux システム:

    • インストールガイドの手順に従って、 RHEL サーバまたは CentOS サーバに Unified Manager をインストールしておく必要があります。

    • このサーバの Unified Manager のバージョンは、バックアップファイルを使用する仮想アプライアンスのバージョンと同じである必要があります。

    • インストールが完了しても、 UI を起動したり、クラスタ、ユーザ、または認証設定を設定したりしないでください。この情報は、リストアプロセスでバックアップファイルに取り込まれます。

    • Linux ホストの root ユーザのクレデンシャルが必要です。

ここでは、仮想アプライアンスにバックアップファイルを作成し、そのバックアップファイルを Red Hat Enterprise Linux または CentOS のシステムにコピーして、新しいシステムにデータベースバックアップをリストアする方法について説明します。

手順
  1. 仮想アプライアンスで、 * Management * > * Database Backup * をクリックします。

  2. [* データベース・バックアップ * ] ページで、 [ * バックアップ設定 * ] をクリックします。

  3. バックアップパスを /jail / サポートに変更します。

  4. Schedule (スケジュール)セクションで、 Scheduled Daily (毎日のスケジュール)を選択し、バックアップがすぐに作成されるように、現在の時刻から数分経過した時刻を入力します。

  5. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

  6. バックアップが生成されるまで数時間待ちます。

    フルバックアップは 1GB を超えることもあり、完了までに 3~4 時間かかる場合があります。

  7. Unified Manager がインストールされている Linux ホストに root ユーザとしてログインし、 SCP を使用して仮想アプライアンスのバックアップファイルのコピー元 / サポートを行います。 root@<RHEL_server> : /#scp-r admin@<vapp_server_ip_address > : /support/*.

    `root@ocum_RHEL-21:/ #scp-r admin@10.10.10.10 : /support/ *

    /database-dumps-repo サブディレクトリに .7z バックアップファイルとすべての .7z リポジトリファイルがコピーされたことを確認してください。

  8. コマンド・プロンプトで 'um backup restore -f /<backup_file_path >/<backup_file_name >` をリストアします

    「 um backup restore -f /UM_9.7.9.0.N151113.1348_backup_UNIX_02 -12-019-04-016.7z

  9. リストア処理が完了したら、 Unified Manager Web UI にログインします。

次のタスクを実行する必要があります。

  • 新しい HTTPS セキュリティ証明書を生成し、 Unified Manager サーバを再起動します。

  • Linux システムに jail / サポートパスがないため、バックアップパスを Linux システムのデフォルト設定( /data/ocum-backup )または任意の新しいパスに変更します。

  • WFA を使用している場合は、 Workflow Automation の接続の両側を再設定します。

  • SAML を使用している場合は、 SAML 認証の設定を再設定します。

Linux システムですべてが想定どおりに動作していることを確認したら、 Unified Manager 仮想アプライアンスをシャットダウンして削除できます。