日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows Snapshot バックアップのデスティネーションの指定

寄稿者

いずれかの ONTAP クラスタで設定済みのボリュームでの Active IQ Unified Manager Snapshot バックアップのデスティネーションの場所を設定し、メンテナンスコンソールを使用して場所を定義する必要があります。

  • Active IQ Unified Manager がインストールされている Windows ホストに対する管理者権限が必要です。

  • Unified Manager サーバのメンテナンスコンソールへのログインが許可されているユーザ ID とパスワードが必要です。

  • クラスタ管理 IP アドレス、 Storage VM の名前、ボリュームの名前、 LUN 名、およびストレージシステムのユーザ名とパスワードが必要です。

  • ボリュームをネットワークドライブとして Active IQ Unified Manager ホストにマウントし、マウントドライブを用意しておく必要があります。

手順
  1. パワーシェルを使用して、 Active IQ Unified Manager システムの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名に接続します。

  2. メンテナンスユーザ( umadmin )の名前とパスワードでシステムにログインします。

  3. コマンド「 maintenance_console' 」を入力し、 Enter キーを押します。

  4. メンテナンスコンソール * メインメニュー * で、 * バックアップリストア * オプションの番号を入力します。

  5. Configure NetApp Snapshot Backup * の番号を入力します。

  6. iSCSI を設定する番号を入力します。

  7. 指定する必要がある情報を確認し、「バックアップ設定の詳細を入力」 * の番号を入力します。

  8. Snapshot を書き込むボリュームを特定するには、クラスタ管理インターフェイスの IP アドレス、 Storage VM の名前、ボリュームの名前、 LUN 名、ストレージシステムのユーザ名とパスワード、およびマウントドライブを入力します。

  9. この情報を確認して 'y' を入力します

    システムは次のタスクを実行します。

    • Storage VM が検証されました

    • ボリュームが検証されています

    • マウントドライブとステータスが検証されます

    • LUN の有無とステータス

    • ネットワークドライブの存在

    • マウントされたボリュームに推奨されるスペース( MySQL データディレクトリの 2 倍以上)があるかどうかが検証されます

    • ボリューム内の専用 LUN に対応する LUN パス

    • igroup 名

    • ネットワークドライブがマウントされているボリュームの GUID

    • ONTAP との通信に使用する iSCSI イニシエータ

  10. メンテナンスコンソールを終了し、 Active IQ Unified Manager インターフェイスを起動して Snapshot バックアップスケジュールを作成します(まだ作成していない場合)。