日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スクリプトの実行テスト

ストレージオブジェクトに対してアラートが生成されたときにスクリプトが正しく実行されるかどうかを確認することができます。

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

  • サポートされるファイル形式のスクリプトを Unified Manager にアップロードしておく必要があります。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage Management * > * Scripts * をクリックします。

  2. [ スクリプト ] ページで、テストスクリプトを追加します。

  3. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage Management * > * Alert Setup * をクリックします。

  4. [* Alert Setup* ] ページで、次のいずれかの操作を実行します。

    目的 手順

    アラートを追加します

    1. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    2. [ アクション ] セクションで、アラートをテストスクリプトに関連付けます。

    アラートを編集する

    1. アラートを選択し、 * 編集 * をクリックします。

    2. [ アクション ] セクションで、アラートをテストスクリプトに関連付けます。

  5. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

  6. [* アラート設定 * ] ページで、追加または変更したアラートを選択し、 [ * テスト * ] をクリックします。

    スクリプトは「 -test 」引数を使用して実行され、アラートの作成時に指定された電子メールアドレスに通知アラートが送信されます。