日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Unified Manager インストールファイルをダウンロードします

寄稿者

Unified Manager のインストールファイルをネットアップサポートサイトからダウンロードして、 Unified Manager を仮想アプライアンスとして導入します。

  • 必要なもの *

ネットアップサポートサイトのログインクレデンシャルが必要です。

インストールファイルはです .tar ルート証明書を含むファイル README ファイル、および OVA 仮想アプライアンス用に設定されたUnified Managerソフトウェアを含むファイル。

手順
  1. ネットアップサポートサイトにログインし、 Unified Manager のダウンロードページに移動します。

  2. 必要なバージョンの Unified Manager を選択し、エンドユーザライセンス契約( EULA )に同意します。

  3. をダウンロードして保存します .tar File for VMware vSphereをインストールし、vSphere Clientからアクセス可能なローカルまたはネットワークのディレクトリにインストールします。

  4. チェックサムを確認して、ソフトウェアが正しくダウンロードされたことを確認します。

  5. をダウンロードしたディレクトリに移動します .tar ファイルを展開し、ターミナルウィンドウで次のコマンドを入力してUnified Managerのバンドルを展開します。

    tar -xvzf ActiveIQUnifiedManager-<version>.tar.gz

    が必要です OVA ファイル、ルート証明書、および README Unified Managerのファイルがターゲットディレクトリに解凍されます。

  6. の整合性を確認します OVA で説明した手順に従ってファイルを作成します README ファイル。