日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタパフォーマンス監視時の画面操作

Unified Manager で管理しているすべてのクラスタのパフォーマンスを監視できます。クラスタの監視では、クラスタとオブジェクトのパフォーマンスの概要を確認し、パフォーマンスイベントを監視します。パフォーマンスとイベントの総合的な情報を表示することも、クラスタとオブジェクトのパフォーマンスおよびパフォーマンスイベントの詳しいデータを表示して調査することもできます。

次に、クラスタパフォーマンスを監視する際の操作例を紹介します。

  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage * > * Aggregates * をクリックします。

  2. これらのアグリゲートのパフォーマンスに関する情報を表示するには、パフォーマンス:すべてのアグリゲートビューを選択します。

  3. 調査するアグリゲートを特定し、そのアグリゲート名をクリックして、アグリゲート / パフォーマンスエクスプローラのページに移動します。

  4. 必要に応じて、 [ 表示と比較( View and Compare ) ] メニューでこのアグリゲートと比較する他のオブジェクトを選択し、比較ペインにオブジェクトの 1 つを追加します。

    両方のオブジェクトの統計が、比較できるようにカウンタグラフに表示されます。

  5. エクスプローラページの右側にある比較ペインで、いずれかのカウンタチャートの * ズームビュー * をクリックすると、そのアグリゲートのパフォーマンス履歴の詳細が表示されます。

クラスタのパフォーマンスを監視する