日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノードで Flash Cache を有効にしてワークロードパフォーマンスを改善する仕組み

寄稿者 netapp-chikkusu

クラスタ内の各ノードで Flash Cache ™インテリジェントデータキャッシングを有効にすることで、ワークロードパフォーマンスを向上させることができます。

Flash Cache モジュールまたは Performance Acceleration Module PCIe ベースのメモリモジュールは、インテリジェントな外部読み取りキャッシュとして機能することで、ランダムリード中心のワークロードのパフォーマンスを最適化します。このハードウェアは、 ONTAP の WAFL 外部キャッシュソフトウェアコンポーネントと連携して機能します。

Unified Manager のイベントの詳細ページで、競合状態にあるアグリゲートを表すクラスタコンポーネントアイコンが赤で強調表示されます。このアイコンの下には、アグリゲートを特定するアグリゲートの名前がかっこ内に表示されます。アグリゲートが配置されているノードで Flash Cache を有効にすることができます。

ONTAP System Manager または ONTAP コマンドを使用して、 Flash Cache がインストールされて有効になっているかを確認し、有効になっていない場合は有効にすることができます。次のコマンドは、 Flash Cache が特定のノードで有効になっているかどうかを示します。「 * cluster : > run local options flexscale.enable * 」

Flash Cache とその使用要件については、次のテクニカルレポートを参照してください。