日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

パフォーマンスイベントに関する情報を表示する

イベント管理インベントリページを使用して、 Unified Manager で監視されているクラスタ上のすべてのパフォーマンスイベントのリストを表示できます。この情報を表示することで、最も重大なイベントを特定し、詳細情報にドリルダウンしてイベントの原因を確認できます。

  • 必要なもの *

  • オペレータ、アプリケーション管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

イベントのリストは検出時刻でソートされ、最新のイベントが最初に表示されます。列ヘッダーをクリックすると、その列でイベントをソートできます。たとえば、 Status 列でソートして、重大度別にイベントを表示できます。特定のイベントまたは特定のタイプのイベントを検索する場合は、フィルタと検索を使用して、リストに表示するイベントを絞り込むことができます。

このページにはすべてのソースのイベントが表示されます。

  • ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシー

  • システム定義のパフォーマンスしきい値ポリシー

  • 動的なパフォーマンスしきい値

[ イベントタイプ ] 列には、イベントのソースが一覧表示されます。イベントを選択すると、そのイベントに関する詳細をイベントの詳細ページで確認できます。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * イベント管理 * をクリックします。

  2. [ 表示 ] メニューから、 [ アクティブなパフォーマンスイベント * ] を選択します。

    このページには、過去 7 日間に生成された「新規」と「確認済み」のすべてのパフォーマンスイベントが表示されます。

  3. 分析するイベントを特定し、イベント名をクリックします。

    イベントの詳細ページが表示されます。

    注記

    また、パフォーマンスエクスプローラのページでイベント名のリンクをクリックし、アラート E メールでイベントの詳細ページを表示することもできます。