日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Unified Manager のレポート機能

Active IQ Unified Manager (旧 OnCommand Unified Manager )では、 ONTAP ストレージシステムのレポートを表示、カスタマイズ、ダウンロード、およびスケジュール設定できます。レポートには、ストレージシステムの容量、健全性、パフォーマンス、セキュリティ、保護関係に関する詳細を表示できます。

Active IQ Unified Manager 9.6 で導入された新しい Unified Manager レポート作成機能およびスケジュール設定機能は、 Unified Manager バージョン 9.5 で廃止された以前のレポート作成エンジンに代わるものです。

レポート機能は、ネットワークのさまざまなビューを提供し、容量、健全性、パフォーマンス、セキュリティ、保護データに関する実用的な情報を提供します。列の表示、非表示、再配置、データのフィルタリング、データのソート、 検索結果を表示します。カスタムビューは、再利用できるように保存したり、レポートとしてダウンロードしたりできます。また、定期的なレポートとしてスケジュールを設定して、 E メールで配布することもできます。

Microsoft ® Excel 形式のビューをダウンロードしてカスタマイズできます。複雑な並べ替え、レイヤーフィルター、ピボットテーブル、グラフなど、 Excel の高度な機能を使用できます。結果の Excel レポートに問題がなければ、レポートがスケジュールされて共有されるたびに使用する Excel ファイルをアップロードできます。

Unified Manager では、ユーザインターフェイスからレポートを生成する以外にも、次の方法を使用して健常性、セキュリティ、およびパフォーマンスのデータを抽出できます。

  • Open Database Connectivity ( ODBC )および ODBC のツールを使用してデータベースに直接アクセスし、クラスタ情報を取得する

  • Unified Manager REST API を使用して確認したい情報を取得する

このリリースの Active IQ Unified Manager では、レポートの機能が次のように拡張されています。

  • 設定したスケジュールに従ってレポートの E メールが送信されます。オンデマンドレポートを生成した場合でも、 E メールが送信されます。

  • レポートのファイル名とレポートのメタデータには、レポートの生成元のホスト名が含まれます。ファイル名が変更された場合でも、この機能強化によりレポートの生成元のホスト名を特定できます。