日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

シンプロビジョニングが無効なボリュームが使用しているスペースを確認するレポートの作成

シンプロビジョニングされていないボリュームは、ボリューム作成時に定義されたスペースの全容量をディスク上で占有します。シンプロビジョニングが無効になっているボリュームを特定することで、特定のボリュームでシンプロビジョニングを有効にするかどうかを判断できます。

  • 必要なもの *

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

次の手順に従って、必要な列を正しい順序で表示するカスタムビューを作成し、そのビューのレポートを生成するようにスケジュール設定します。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage * > * Volumes * をクリックします。

  2. 表示メニューで、 * 容量 * > * すべてのボリューム * を選択します。

  3. レポートに不要な列を削除するには、 [ * 表示 / 非表示 * ] を選択します。

  4. [ 使用済みデータ %] 列と [ シンプロビジョニング済み ] 列を [ 使用可能なデータ容量 ] 列の近くにドラッグ・アンド・ドロップします

  5. フィルタアイコンをクリックして次のフィルタを追加し、「シンプロビジョニング済み」「 * なし」の「 * フィルタの適用」をクリックします。

  6. 「 Used Data % 」列の上部をクリックして、割合が最も高いボリュームがリストの先頭に表示されるように結果をソートします。

  7. ビューに表示されている内容を反映する名前を付けてビューを保存します(例:「 Vols no thin provisioning 」)。

  8. インベントリページの * スケジュール済みレポート * ボタンをクリックします。

  9. [ * スケジュールの追加 * ] をクリックして、新しいレポートのスケジュール特性を定義できるように、 [ レポートスケジュール * ] ページに新しい行を追加します。

  10. レポートスケジュールの名前を入力し、他のレポートフィールドに情報を入力して、チェックマーク()をクリックします)をクリックします。

    レポートはテストとしてすぐに送信されます。その後、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者に E メールで送信されます。

レポートに表示された結果を基に、特定のボリュームでシンプロビジョニングを有効にすることができます。