日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム関係を障害の原因別にグループ化するレポートの作成

関係が正常な状態でない理由別にボリュームをグループ化するレポートを作成できます。

  • 必要なもの *

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

次の手順に従って、ボリュームを障害の原因別にグループ化するカスタムビューを作成し、そのビューのレポートを生成するようにスケジュール設定します。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage * > * Volumes * をクリックします。

  2. [ 表示 ] メニューで、 [ * 関係 > すべての関係 * ] を選択します。

  3. [ リレーションシップの状態 ] 列と [ 不健康な理由 ] 列がビューに表示されることを確認するには '[*Show/Hide *] を選択します

    他の列を追加または削除して、レポートにとって重要なビューを作成します。

  4. 「 Relationship Health 」列と「 Unhealthy Reason 」列を「 'S tate' 」列の近くにドラッグします。

  5. フィルタアイコンをクリックして次のフィルタを追加し、 * フィルタの適用 * をクリックします。

    • 関係の健全性に問題があります

  6. 「正常でない理由」列の上部をクリックして、ボリューム関係を障害の原因別にグループ化します。

  7. ビューには ' 失敗によるボリューム関係など ' 表示されているビューの名前が反映された名前を付けて保存します

  8. インベントリページの * スケジュール済みレポート * ボタンをクリックします。

  9. レポートスケジュールの名前を入力し、他のレポートフィールドに情報を入力して、チェックマーク()をクリックします。

    レポートはテストとしてすぐに送信されます。その後、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者に E メールで送信されます。

レポートに表示された結果を基に、障害のタイプごとに原因と影響を調査できます。