日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ユーザクォータおよびグループクォータの E メールアドレスの編集

クラスタ、 Storage Virtual Machine ( SVM )、ボリューム、 qtree 、ユーザ、またはユーザグループに関連付けられたユーザクォータに基づいて、 E メールアドレスを変更することができます。[ ユーザクォータおよびグループクォータの E メールアドレスを生成するルール ] ダイアログボックスで指定したルールによって生成された E メールアドレスを上書きする場合は、 E メールアドレスを変更できます。

E メールアドレスを編集すると、ユーザクォータおよびグループクォータの E メールアドレスを生成するルールがクォータに適用されなくなります。指定したルールに従って生成された E メールアドレスに通知を送信するには、 E メールアドレスを削除して変更を保存する必要があります。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage * > * SVMs * をクリックします。

  2. * Health : All Storage VMs] ビューで SVM を選択し、 * User クォータと Group Quotas * タブをクリックします。

  3. タブの行の下にある * 電子メールアドレスの編集 * をクリックします。

  4. [ 電子メールアドレスの編集 *] ダイアログボックスで、適切なアクションを実行します。

    状況 作業

    指定したルールに従って生成された E メールアドレスに通知を送信する

    1. [Email Address] フィールドの電子メールアドレスを削除します。

    2. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    3. F5 キーを押して E メールアドレスの編集ダイアログボックスをリロードし、ブラウザをリフレッシュします。指定したルールによって生成された E メールアドレスが [ * E メールアドレス * ] フィールドに表示されます。

    指定した E メールアドレスに通知を送信する

    1. [Email Address] フィールドで電子メールアドレスを変更します。

    2. [ 保存( Save ) ] をクリックします。ユーザクォータおよびグループクォータの E メールアドレスを生成するルールがクォータに適用されなくなります。