日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタの再検出

クラスタを手動で再検出することで、クラスタの健常性、監視ステータス、およびパフォーマンスステータスに関する最新情報を取得できます。

クラスタを更新する場合は、スペースが不足しているときにアグリゲートのサイズを拡張するなど、クラスタを手動で再検出できます。変更を検出するには、 Unified Manager で検出します。

Unified Manager と OnCommand Workflow Automation ( WFA )を連携させている場合は、 WFA でキャッシュされたデータの再取得がトリガーされます。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage Management * > * Cluster Setup * をクリックします。

  2. [* Cluster Setup* ] ページで、 [* Rediscover* ] をクリックします。

    選択したクラスタが Unified Manager で再検出され、最新の健常性とパフォーマンスステータスが表示されます。

    • 関連情報 *