API を使用するトークンを生成します

寄稿者 netapp-manishc netapp-reenu このページの PDF をダウンロード

API サービスへの登録やトークンの生成は簡単です。

手順
  1. [* クイックリンク * ( Quick Links * ) ] メニューから [* API サービス * ( API Services * ) ] をクリックします。

  2. [*Register] をクリックします。

  3. 承認フォームに必要事項を入力し、 [Submit] をクリックします。

    アクティブ化は自動的に行われ、瞬時に行われます。Active IQ API の使用が許可されたら、プログラムによる API 呼び出しに使用するトークンを生成できます。これらのトークンを使用して、 API カタログ内から「試してみよう」を実行することもできます。プログラムによって取得されたトークンは、常にアクセストークンとリフレッシュトークンの 2 つのセットで構成されます。アクセストークンは、すべての API を正常に使用するために渡される必要があります(ただし、リフレッシュトークンを使用すると、プログラムによって新しいトークンセットを取得できます)。

  4. [Main API Services] ページで、 [Generate Token] をクリックしてアクセストークンを表示およびダウンロードし、トークンを更新して API を呼び出します。

    ポータルでは、 1 つまたは両方のトークンを複数の方法でセットに保存できます。クリップボードにコピーしたり、テキストファイルとしてダウンロードしたり、プレーンテキストで表示したりすることができます。

あとで使用できるように、アクセストークンをダウンロードして保存し、トークンを更新する必要があります。アクセストークンは、生成後 1 時間、リフレッシュトークンは 7 日後に期限切れになります。この API 呼び出しで使用される更新トークンは、新しい更新トークンが生成されると無効になります。