日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

API を実行するには、 API カタログを使用します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

API カタログを使用すると、各カテゴリ内のカテゴリや使用可能な API を参照できます。

有効なアクセストークンを使用して、必要なフィールドの入力を修正し、 API のテスト呼び出しを実行できます。

手順
  1. [* クイックリンク * ( Quick Links * ) ] メニューから [* API サービス * ( API Services * ) ] をクリックします。

  2. をクリックします "* 参照 *" [API カタログ * ( API Catalog * ) ] アイコンの下。

    API カタログが表示されます。

  3. 任意の API を選択します

  4. ページの上部で、トグルを「実験」にスライドします。

  5. 左側のナビゲーションでカテゴリを展開し、任意の API を選択して詳細情報を表示します。

  6. API を展開します。

  7. 右側の [* Try it Out * (試してみてください * ) ] ボタンをクリックします。

  8. 必要なパラメータを指定し、 * Execute * をクリックして結果を表示します。

    また、 API の * Responses * セクションを調べて、返されるデータをよりよく理解することもできます。* 値の例 * をクリックしてデータの形式を表示するか、 * モデル * をクリックし、キャレットをクリックしてセクションを展開し、各エレメントの定義を表示できます。

トグルを * コード * 表示にスライドさせると、さまざまな言語でコードサンプルを表示できます。