日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ライセンス

アプリケーションデータ管理機能を有効にするには、 Astra Control Center にライセンスがインストールされている必要があります。Astra Control Center をライセンスなしで導入すると、システム機能が制限されていることを示すバナーが Web UI に表示されます。

次の操作には有効なライセンスが必要です。

  • 新しいアプリケーションの管理

  • Snapshot またはバックアップを作成します

  • Snapshot またはバックアップのスケジュールを設定する保護ポリシーを設定する

  • Snapshot またはバックアップからのリストア

  • Snapshot または現在の状態からクローニングしています

注記 クラスタの追加、バケットの追加、 Astra Data Store ストレージバックエンドの管理を、ライセンスなしで実行できます。ただし、 Astra Data Store をストレージバックエンドとして使用するアプリケーションを管理するには、有効な Astra Control Center ライセンスが必要です。

ライセンス消費量の計算方法

新しいクラスタを Astra Control Center に追加しても、クラスター上で実行されているアプリケーションの少なくとも 1 つが Astra Control Center によって管理されるまで、使用済みのライセンスにはカウントされません。また、 Astra Data Store ストレージバックエンドを Astra Control Center に追加しても、ライセンスの消費には影響しません。これにより、ライセンスのない Astra Control Center システムから Astra Data Store バックエンドを管理できます。

クラスタ上でアプリケーションの管理を開始すると、クラスタの CPU ユニットが Astra Control Center ライセンス消費量の計算に含まれます。

詳細については、こちらをご覧ください