日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP ストレージバックエンドに Astra Control Center をインストールします

Astra Control Center を使用すると、 Kubernetes クラスタと Cloud Volumes ONTAP インスタンスを自己管理することで、ハイブリッドクラウド環境でアプリケーションを管理できます。Astra Control Center は、オンプレミスの Kubernetes クラスタ、またはクラウド環境内の自己管理型 Kubernetes クラスタのいずれかに導入できます。

これらのいずれかの環境では、 Cloud Volumes ONTAP をストレージバックエンドとして使用して、アプリケーションデータの管理処理を実行できます。バックアップターゲットとして S3 バケットを設定することもできます。

Amazon Web Services ( AWS )および Cloud Volumes ONTAP ストレージバックエンドを使用する Microsoft Azure に Astra Control Center をインストールするには、クラウド環境に応じて次の手順を実行します。

Amazon Web Services に Astra Control Center を導入

Amazon Web Services ( AWS )パブリッククラウドでホストされる自己管理型の Kubernetes クラスタに Astra Control Center を導入できます。

Astra Control Center の導入でサポートされるのは、自己管理 OpenShift Container Platform ( OCP )クラスタのみです。

AWS に必要なもの

AWS に Astra Control Center を導入する前に、次のものが必要です。

  • Astra Control Center ライセンス。を参照してください "Astra Control Center のライセンス要件"

  • "Astra Control Center の要件を満たす"

  • NetApp Cloud Central アカウント

  • Red Hat OpenShift Container Platform ( OCP )権限(ポッドを作成するためのネームスペースレベル)

  • バケットとコネクタを作成するための権限を持つ AWS クレデンシャル、アクセス ID 、シークレットキー

  • AWS アカウント Elastic Container Registry ( ECR )アクセスおよびログイン

  • AWS がホストするゾーンと Route 53 エントリは、 Astra Control UI にアクセスするために必要です

AWS の運用環境の要件

Astra Control Center を使用するには、 AWS 向けに次の運用環境が必要です。

  • Red Hat OpenShift Container Platform 4.8 の場合

注記 Astra Control Center をホストするオペレーティングシステムが、環境の公式ドキュメントに記載されている基本的なリソース要件を満たしていることを確認します。

Astra Control Center では、環境のリソース要件に加え、次のリソースが必要です。

コンポーネント 要件

バックエンドの NetApp Cloud Volumes ONTAP ストレージ容量

300GB 以上のデータがあります

ワーカーノード( AWS EC2 の要件)

少なくとも 3 つのワーカーノードが必要です。 vCPU コア 4 基、 RAM はそれぞれ 12GB です

ロードバランサ

動作環境クラスタ内のサービスに送信される入力トラフィックに使用できるサービスタイプ「 LoadBalancer 」

FQDN

Astra Control Center の FQDN をロードバランシング IP アドレスに指定する方法

Astra Trident ( NetApp Cloud Manager の Kubernetes クラスタ検出の一部としてインストール)

Trident 21.04 以降がインストールおよび設定され、 NetApp ONTAP バージョン 9.5 以降がストレージバックエンドとしてインストールされている必要があります

イメージレジストリ

Astra Control Center のビルドイメージをプッシュできる、 AWS Elastic Container Registry などの既存のプライベートレジストリが必要です。イメージをアップロードするイメージレジストリの URL を指定する必要があります。

注記 Restic ベースのイメージを使用してアプリケーションをバックアップおよび復元するには、 Astra Control Center ホストクラスタと管理対象クラスタが同じイメージレジストリにアクセスできる必要があります。

Astra Trident / ONTAP 構成

Astra Control Center を使用するには、ストレージクラスを作成してデフォルトのストレージクラスとして設定する必要があります。Astra Control Center では、 Kubernetes クラスタを NetApp Cloud Manager にインポートする際に作成される次の ONTAP Kubernetes ストレージクラスがサポートされます。Astra Trident によって提供される機能は次のとおりです。

  • 「 vsaworkingenvironment 」 -<> -ha - NAS csi.trident.netapp.io`

  • 「 vsaworkingenvironment 」 -<> -ha -san csi.trident.netapp.io`

  • 「 vsaworkingenvironment 」 -<>-singsingle-nas csi.trident.netapp.io`

  • 「 vsaworkingenvironment 」 -<>-singsingle-san csi.trident.netapp.io`

注記 これらの要件は、運用環境で実行されている唯一のアプリケーションが Astra Control Center であることを前提としています。環境で追加のアプリケーションを実行している場合は、それに応じてこれらの最小要件を調整します。
注記 AWS レジストリトークンは 12 時間で期限切れになり、その後 Docker イメージのレジストリシークレットを更新する必要があります。

AWS の導入の概要を参照してください

Cloud Volumes ONTAP をストレージバックエンドとして使用して Astra Control Center for AWS をインストールするプロセスの概要を以下に示します。

これらの各手順については、以下で詳しく説明します。

十分な IAM 権限があることを確認します

Red Hat OpenShiftクラスタとNetApp Cloud Manager Connectorをインストールできる十分な数のIAMロールと権限があることを確認します。

を参照してください "AWS の初期クレデンシャル"

AWS に Red Hat OpenShift クラスタをインストールします

AWS に Red Hat OpenShift Container Platform クラスタをインストールします。

インストール手順については、を参照してください "AWS で OpenShift Container Platform にクラスタをインストールします"

AWS を設定します

次に、仮想ネットワークの作成、EC2コンピューティングインスタンスのセットアップ、AWS S3バケットの作成、Astra Control CenterイメージをホストするElastic Container Register(ECR)の作成、このレジストリへのイメージのプッシュを行うようにAWSを設定します。

AWS のドキュメントに従って次の手順を実行します。を参照してください "AWS インストールドキュメント"

  1. AWS仮想ネットワークを作成します。

  2. EC2 コンピューティングインスタンスを確認します。AWS ではベアメタルサーバまたは VM を使用できます。

  3. インスタンスタイプが、マスターノードとワーカーノードの Astra の最小リソース要件に一致していない場合は、 Astra の要件に合わせて AWS でインスタンスタイプを変更します。を参照してください "Astra Control Center の要件"

  4. バックアップを格納する AWS S3 バケットを少なくとも 1 つ作成します。

  5. すべての ACC イメージをホストする AWS Elastic Container Registry ( ECR )を作成します。

    注記 ECRを作成しないと、Astra Control Centerは、AWSバックエンドを持つCloud Volumes ONTAP を含むクラスタからモニタリングデータにアクセスできません。問題 は、 Astra Control Center を使用して検出および管理しようとしたクラスタに AWS ECR アクセスがない場合に発生します。
  6. ACC イメージを定義済みのレジストリにプッシュします。

注記 AWS Elastic Container Registry ( ECR )トークンの有効期限は 12 時間です。有効期限が切れたため、クラスタ間のクローニング処理が失敗します。この問題 は、AWS用に設定されたCloud Volumes ONTAP からストレージバックエンドを管理する場合に発生します。この問題 を修正するには、 ECR で再度認証を行い、クローン操作を再開するための新しいシークレットを生成します。

AWS 環境の例を次に示します。

Cloud Volumes ONTAP を使用した Astra Control Center の導入例

NetApp Cloud Manager を設定します

Cloud Manager を使用して、ワークスペースの作成、 AWS へのコネクタの追加、作業環境の作成、クラスタのインポートを行います。

Cloud Manager のドキュメントに従って、次の手順を実行します。以下を参照してください。

手順
  1. Cloud Manager にクレデンシャルを追加します。

  2. ワークスペースを作成します。

  3. AWS 用のコネクタを追加します。プロバイダとして AWS を選択します。

  4. クラウド環境の作業環境を構築

    1. 場所:「 Amazon Web Services ( AWS )」

    2. 「 Cloud Volumes ONTAP HA 」と入力します。

  5. OpenShift クラスタをインポートします。作成した作業環境にクラスタが接続されます。

    1. ネットアップクラスタの詳細を表示するには、 * K8s * > * Cluster list * > * Cluster Details * を選択します。

    2. 右上隅に Trident のバージョンが表示されていることを確認します。

    3. Cloud Volumes ONTAP クラスタのストレージクラスは、プロビジョニングツールとしてネットアップを使用していることに注目してください。

      これにより、 Red Hat OpenShift クラスタがインポートされ、デフォルトのストレージクラスに割り当てられます。ストレージクラスを選択します。Trident は、インポートと検出のプロセスの一環として自動的にインストールされます。

  6. このCloud Volumes ONTAP 環境内のすべての永続ボリュームとボリュームをメモします。

ヒント Cloud Volumes ONTAP は、シングルノードまたはハイアベイラビリティとして動作できます。HA が有効になっている場合は、 AWS で実行されている HA ステータスとノード導入ステータスを確認します。

Astra Control Center をインストールします

標準に従ってください "Astra Control Center のインストール手順"

Microsoft Azure に Astra Control Center を導入

Microsoft Azure パブリッククラウドでホストされる自己管理型の Kubernetes クラスタに Astra Control Center を導入できます。

Azure に必要なもの

Azure に Astra Control Center を導入する前に、次のものが必要です。

  • Astra Control Center ライセンス。を参照してください "Astra Control Center のライセンス要件"

  • "Astra Control Center の要件を満たす"

  • NetApp Cloud Central アカウント

  • Red Hat OpenShift Container Platform ( OCP ) 4.8 の場合

  • Red Hat OpenShift Container Platform ( OCP )権限(ポッドを作成するためのネームスペースレベル)

  • バケットとコネクタの作成を可能にする権限を持つ Azure クレデンシャル

Azure の運用環境の要件

Astra Control Center をホストするオペレーティングシステムが、環境の公式ドキュメントに記載されている基本的なリソース要件を満たしていることを確認します。

Astra Control Center では、環境のリソース要件に加え、次のリソースが必要です。

を参照してください "Astra Control Center の運用環境要件"

コンポーネント 要件

バックエンドの NetApp Cloud Volumes ONTAP ストレージ容量

300GB 以上のデータがあります

ワーカーノード( Azure コンピューティング要件)

少なくとも 3 つのワーカーノードが必要です。 vCPU コア 4 基、 RAM はそれぞれ 12GB です

ロードバランサ

動作環境クラスタ内のサービスに送信される入力トラフィックに使用できるサービスタイプ「 LoadBalancer 」

FQDN ( Azure DNS ゾーン)

Astra Control Center の FQDN をロードバランシング IP アドレスに指定する方法

Astra Trident ( NetApp Cloud Manager の Kubernetes クラスタ検出の一部としてインストール)

Trident 21.04 以降がインストールおよび設定され、 NetApp ONTAP バージョン 9.5 以降がストレージバックエンドとして使用されます

イメージレジストリ

Astra Control Center ビルドイメージをプッシュできる、 Azure Container Registry ( ACR )などの既存のプライベートレジストリが必要です。イメージをアップロードするイメージレジストリの URL を指定する必要があります。

注記 バックアップ用にリストアイメージを取得するには、匿名アクセスを有効にする必要があります。

Astra Trident / ONTAP 構成

Astra Control Center を使用するには、ストレージクラスを作成してデフォルトのストレージクラスとして設定する必要があります。Astra Control Center では、 Kubernetes クラスタを NetApp Cloud Manager にインポートする際に作成される次の ONTAP Kubernetes ストレージクラスがサポートされます。Astra Trident によって提供される機能は次のとおりです。

  • 「 vsaworkingenvironment 」 -<> -ha - NAS csi.trident.netapp.io`

  • 「 vsaworkingenvironment 」 -<> -ha -san csi.trident.netapp.io`

  • 「 vsaworkingenvironment 」 -<>-singsingle-nas csi.trident.netapp.io`

  • 「 vsaworkingenvironment 」 -<>-singsingle-san csi.trident.netapp.io`

注記 これらの要件は、運用環境で実行されている唯一のアプリケーションが Astra Control Center であることを前提としています。環境で追加のアプリケーションを実行している場合は、それに応じてこれらの最小要件を調整します。

Azure の導入の概要

ここでは、 Astra Control Center for Azure のインストールプロセスの概要を示します。

これらの各手順については、以下で詳しく説明します。

Azure に Red Hat OpenShift クラスタをインストールします

まず、 Azure に Red Hat OpenShift クラスタをインストールします。

インストール手順については、次を参照してください。

Azure リソースグループを作成する

Azure リソースグループを少なくとも 1 つ作成します。

注記 OpenShift では、独自のリソースグループを作成できます。さらに、 Azure リソースグループも定義する必要があります。OpenShift のドキュメントを参照してください。

プラットフォームクラスタリソースグループおよびターゲットアプリケーション OpenShift クラスタリソースグループを作成できます。

十分な IAM 権限があることを確認します

Red Hat OpenShiftクラスタとNetApp Cloud Manager Connectorをインストールできる十分な数のIAMロールと権限があることを確認します。

を参照してください "Azure のクレデンシャルと権限"

Azure を設定

次に、仮想ネットワークの作成、コンピューティングインスタンスのセットアップ、Azure Blobコンテナの作成、Astra Control CenterイメージをホストするAzure Container Register(ACR)の作成、このレジストリへのイメージのプッシュを行うようにAzureを設定します。

Azure のドキュメントに従って、次の手順を実行します。を参照してください "Azure への OpenShift クラスタのインストール"

  1. Azure Virtual Networkの作成

  2. コンピューティングインスタンスを確認します。Azure の場合、ベアメタルサーバまたは VM を使用できます。

  3. インスタンスタイプがまだマスターノードとワーカーノードの Astra 最小リソース要件に一致していない場合は、 Azure でインスタンスタイプを変更して Astra の要件を満たします。を参照してください "Astra Control Center の要件"

  4. バックアップを格納するAzure BLOBコンテナを少なくとも1つ作成します。

  5. ストレージアカウントを作成します。Astra Control Center でバケットとして使用するコンテナを作成するには、ストレージアカウントが必要です。

  6. バケットへのアクセスに必要なシークレットを作成します。

  7. Azure Container Registry ( ACR )を作成して、すべての Astra Control Center イメージをホストします。

  8. ACR アクセスを設定して Docker プッシュ / プルをすべての Astra Control Center イメージに適用します。

  9. 次のスクリプトを入力して、 ACC イメージをこのレジストリにプッシュします。

    az acr login -n <AZ ACR URL/Location>
    This script requires ACC manifest file and your Azure ACR location.
    • 例 * :

    manifestfile=astra-control-center-<version>.manifest
    AZ_ACR_REGISTRY=<target image repository>
    ASTRA_REGISTRY=<source ACC image repository>
    
    while IFS= read -r image; do
        echo "image: $ASTRA_REGISTRY/$image $AZ_ACR_REGISTRY/$image"
        root_image=${image%:*}
        echo $root_image
        docker pull $ASTRA_REGISTRY/$image
        docker tag $ASTRA_REGISTRY/$image $AZ_ACR_REGISTRYY/$image
        docker push $AZ_ACR_REGISTRY/$image
    done < astra-control-center-22.04.41.manifest
  10. DNS ゾーンを設定します。

NetApp Cloud Manager を設定します

Cloud Manager を使用して、ワークスペースの作成、 Azure へのコネクタの追加、作業環境の作成、クラスタのインポートを行います。

Cloud Manager のドキュメントに従って、次の手順を実行します。を参照してください "Azure で Cloud Manager を使用する準備をしています"

必要な IAM 権限とロールを持つ Azure アカウントにアクセスします

手順
  1. Cloud Manager にクレデンシャルを追加します。

  2. Azure 用のコネクタを追加します。を参照してください "Cloud Manager のポリシー"

    1. プロバイダとして「 * Azure * 」を選択します。

    2. アプリケーション ID 、クライアントシークレット、ディレクトリ(テナント) ID など、 Azure クレデンシャルを入力します。

  3. コネクタが動作していることを確認し、コネクタに切り替えます。

    Cloud Manager でコネクタを切り替えています

  4. クラウド環境の作業環境を構築

    1. 場所:「 Microsoft Azure 」。

    2. 「 Cloud Volumes ONTAP HA 」と入力します。

    Cloud Manager での作業環境の作成

  5. OpenShift クラスタをインポートします。作成した作業環境にクラスタが接続されます。

    1. ネットアップクラスタの詳細を表示するには、 * K8s * > * Cluster list * > * Cluster Details * を選択します。

      Cloud Manager にクラスタをインポートします

    2. 右上隅に Trident のバージョンが表示されていることを確認します。

    3. Cloud Volumes ONTAP クラスタのストレージクラスは、プロビジョニングツールとしてネットアップを使用していることに注目してください。

    これにより、 Red Hat OpenShift クラスタがインポートされ、デフォルトのストレージクラスが割り当てられます。ストレージクラスを選択します。Trident は、インポートと検出のプロセスの一環として自動的にインストールされます。

  6. このCloud Volumes ONTAP 環境内のすべての永続ボリュームとボリュームをメモします。

  7. Cloud Volumes ONTAP は、シングルノードまたはハイアベイラビリティとして動作できます。HA が有効になっている場合は、 Azure で実行されている HA ステータスとノード導入ステータスを確認します。

Astra Control Center をインストールして設定します

Astra Control Center を標準でインストールします "インストール手順"

Astra Control Center を使用して、 Azure バケットを追加する。を参照してください "Astra Control Center をセットアップし、バケットを追加する"