Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

容量ベースのライセンスを管理します

共同作成者

BlueXPデジタルウォレットから容量ベースライセンスを管理して、ネットアップアカウントにCloud Volumes ONTAP システム用の十分な容量を確保します。

_ 容量ベースのライセンス _ 容量単位の Cloud Volumes ONTAP に対する支払いが可能。

BlueXPデジタルウォレット_を使用すると、Cloud Volumes ONTAP のライセンスを1つの場所から管理できます。新しいライセンスを追加したり、既存のライセンスを更新したりできます。

メモ BlueXPで管理される製品とサービスの実際の使用量と計測値は常にGiBとTiBで計算されますが、GB / GiBとTB / TiBという用語は同じ意味で使用されます。これは、クラウドマーケットプレイスのリスト、価格見積もり、リストの説明、およびその他の関連ドキュメントに反映されます。

BlueXPデジタルウォレットへのライセンスの追加方法

ネットアップの営業担当者からライセンスを購入されると、ネットアップからシリアル番号と追加のライセンス情報を記載したEメールが送信されます。

一方、BlueXPは、ネットアップのライセンスサービスに自動的に問い合わせて、NetApp Support Site アカウントに関連付けられているライセンスの詳細を取得します。エラーがなければ、BlueXPは自動的にライセンスをデジタルウォレットに追加します。

BlueXPでライセンスを追加できない場合は、手動でライセンスをデジタルウォレットに追加する必要があります。たとえば、インターネットにアクセスできない場所にConnectorがインストールされている場合は、ライセンスを自分で追加する必要があります。 購入済みライセンスをアカウントに追加する方法について説明します

アカウントの使用済み容量を表示します

BlueXPのデジタルウォレットには、アカウントの消費容量の合計と、ライセンスパッケージの消費容量が表示されます。この情報は、料金の支払い方法や、容量の追加購入が必要かどうかを把握するのに役立ちます。

手順
  1. BlueXPナビゲーションメニューから、* Governance > Digital Wallet *を選択します。

  2. Cloud Volumes ONTAP タブで、 Capacity Based Licenses *を選択したままにします。

  3. パッケージの概要を確認します。この概要には、消費容量、事前コミット済み容量の合計、従量課金制の合計容量が表示されます。

    • Total Consumed capacity_は、ネットアップアカウントのすべてのCloud Volumes ONTAP システムのプロビジョニング済み総容量です。充電は、ボリューム内のローカルスペース、使用済みスペース、格納済みスペース、または有効なスペースに関係なく、各ボリュームにプロビジョニングされたサイズに基づいて行われます。

    • _Total precommitted capacity_は、ネットアップから購入したライセンスで許可された容量(BYOLまたはマーケットプレイス契約)の合計です。

    • _従量課金制の合計_は、クラウドマーケットプレイスのサブスクリプションを使用してプロビジョニングされた合計容量です。PAYGOによる課金は、消費容量がライセンスで許可された容量を超えている場合、またはBlueXPデジタルウォレットに使用可能なBYOLライセンスがない場合にのみ使用されます。

      BlueXPデジタルウォレットに含まれるCloud Volumes ONTAP パッケージの概要の例を次に示します。

    BlueXPデジタルウォレットで使用される合計消費容量、事前コミット済み容量の合計(BYOLとマーケットプレイスの契約)、PAYGO(プロビジョニング済み容量)の合計容量を含むCloud Volumes ONTAP パッケージの概要を示すスクリーンショット。

  4. ライセンスパッケージごとの使用済み容量を表示します。

    • 消費容量_パッケージのボリュームの容量を表示します。特定のパッケージの詳細を表示するには、ツールチップの上にマウスポインタを置きます。

      Essentialsパッケージに表示される容量を理解するには、充電の仕組みを理解しておく必要があります。 "Essentialsパッケージの充電について説明します"

    • _推奨容量_は、ネットアップから購入したライセンス容量(BYOLまたはマーケットプレイス契約)です。

      • _BYOL_このパッケージタイプに対してネットアップから購入したライセンス容量を表示します。

      • _Marketplace契約_このパッケージタイプのマーケットプレイス契約で購入したライセンス容量を表示します。

    • _PAYGO_ライセンス消費モデル別の消費容量を表示します。

      次に、複数のライセンスパッケージがあるアカウントの例を示します。

    スクリーンショット:EssentialsパッケージとProfessionalパッケージの消費容量、事前コミット済み容量、従量課金制(プロビジョニング済み)容量を示しています。

使用状況レポートをダウンロードします

アカウント管理者は、BlueXPのデジタルウォレットから4つの使用状況レポートをダウンロードできます。これらの使用状況レポートには、サブスクリプションの容量の詳細と、Cloud Volumes ONTAP サブスクリプションのリソースに対する課金方法が表示されます。ダウンロード可能なレポートは、特定の時点のデータをキャプチャし、他のユーザーと簡単に共有できます。

スクリーンショットは、デジタルウォレットのCloud Volumes ONTAP 容量ベースライセンスページを示し、使用状況レポートボタンが強調表示されています。

以下のレポートをダウンロードできます。容量の値はTiB単位です。

  • 使用状況の概要:このレポートには、デジタルウォレットの「Cloud Volumes ONTAP Packages Summary」カードの内容が正確に表示されます。次の情報が含まれています。

    • 合計消費容量

    • 事前コミット済み容量の合計

    • BYOLの合計容量

    • マーケットプレイス契約の合計容量

    • PAYGOの合計容量

  • * Cloud Volumes ONTAP パッケージの使用状況*:このレポートには、デジタルウォレット内のパッケージカードに記載されている内容が正確に表示されます。最適化されたI/Oパッケージを除く各パッケージについて、次の情報が含まれています。

    • 合計消費容量

    • 事前コミット済み容量の合計

    • BYOLの合計容量

    • マーケットプレイス契約の合計容量

    • PAYGOの合計容量

  • * Storage VMの使用量*:このレポートは、Cloud Volumes ONTAP システムとStorage Virtual Machine(SVM)全体で、課金された容量の内訳を表示します。この情報は、デジタルウォレットのどの画面にも表示されません。次の情報が含まれています。

    • 作業環境のIDと名前(UUIDとして表示)

    • クラウド

    • ネットアップアカウントID

    • 作業環境の設定

    • SVM 名

    • プロビジョニングされた容量

    • 充電容量のまとめ

    • マーケットプレイスの請求期間

    • Cloud Volumes ONTAP パッケージまたは機能

    • 課金SaaS Marketplaceサブスクリプション名

    • 課金SaaS MarketplaceサブスクリプションID

    • ワークロードの種類

  • ボリュームの使用量:このレポートは、使用済み容量が作業環境内のボリューム別に内訳で表示されます。この情報は、デジタルウォレットのどの画面にも表示されません。次の情報が含まれています。

    • 作業環境のIDと名前(UUIDとして表示)

    • SVN名

    • ボリューム ID

    • ボリュームタイプ

    • ボリュームのプロビジョニング済み容量

      メモ FlexCloneボリュームは料金が発生しないため、このレポートには含まれていません。
手順
  1. BlueXPナビゲーションメニューから、* Governance > Digital Wallet *を選択します。

  2. Cloud Volumes ONTAP タブで、 Capacity Based Licenses を選択したまま Usage report *をクリックします。

    使用状況レポートがダウンロードされます。

  3. ダウンロードしたファイルを開き、レポートにアクセスします。

購入済みライセンスをアカウントに追加します

購入したライセンスがBlueXPデジタルウォレットに表示されない場合は、Cloud Volumes ONTAP で使用できる容量を確保するために、ライセンスをBlueXPに追加する必要があります。

必要なもの
  • ライセンスファイルまたはライセンスファイルのシリアル番号をBlueXPに提供する必要があります。

  • シリアル番号を入力する場合は、最初にが必要です "NetApp Support Site アカウントをBlueXPに追加します"。シリアル番号へのアクセスが許可されているNetApp Support Siteのアカウントです。

手順
  1. BlueXPナビゲーションメニューから、* Governance > Digital Wallet *を選択します。

  2. [* Cloud Volumes ONTAP (ライセンスの追加)]タブで、[*容量ベースのライセンス]を選択したまま、[*ライセンスの追加]をクリックします。

  3. 容量ベースのライセンスのシリアル番号を入力するか、ライセンスファイルをアップロードしてください。

    シリアル番号を入力した場合は、シリアル番号へのアクセス権を持つNetApp Support Siteのアカウントも選択する必要があります。

  4. [ ライセンスの追加 ] をクリックします。

容量ベースのライセンスを更新する

容量を追加購入した場合やライセンスの期間を延長した場合は、デジタルウォレット内のライセンスがBlueXPによって自動的に更新されます。必要なことは何もありません。

ただし、インターネットにアクセスできない場所にBlueXPを導入した場合は、BlueXPでライセンスを手動で更新する必要があります。

必要なもの

ライセンスファイル( HA ペアがある場合は files )。

メモ ライセンスファイルの取得方法の詳細については、を参照してください。 "システムライセンスファイルを取得します"
手順
  1. BlueXPナビゲーションメニューから、* Governance > Digital Wallet *を選択します。

  2. [ライセンスの更新*(Cloud Volumes ONTAP )]タブで、ライセンスの横にあるアクションメニューをクリックし、[ライセンスの更新(Update License *)]を選択します。

  3. ライセンスファイルをアップロードします。

  4. [ ライセンスのアップロード ] をクリックします。

充電方法を変更します

容量ベースのライセンスは、 a_packag_ の形式で用意されています。Cloud Volumes ONTAP作業環境を作成するときは、ビジネスニーズに基づいて複数のライセンスパッケージから選択できます。作業環境の作成後にニーズが変わった場合は、パッケージをいつでも変更できます。たとえば、EssentialsパッケージからProfessionalパッケージに変更できます。

このタスクについて
  • 課金方法を変更しても、NetApp(BYOL)から購入したライセンスを使用して課金されるか、クラウドプロバイダのマーケットプレイスから購入したライセンスを使用して課金されるか(従量課金制)には影響しません。

    BlueXPは、常に最初にライセンスを請求しようとします。ライセンスが利用できない場合は、マーケットプレイスのサブスクリプションに対して課金されます。BYOLからMarketplaceへのサブスクリプション(またはその逆)では「変換」は必要ありません。

  • クラウドプロバイダの市場からプライベートオファーまたは契約を結んでいる場合、契約に含まれていない課金方式に変更すると、BYOL(ネットアップからライセンスを購入した場合)またはPAYGOに対して課金されます。

手順
  1. BlueXPナビゲーションメニューから、* Governance > Digital Wallet *を選択します。

  2. [充電方法(Cloud Volumes ONTAP )]タブで、[*充電方法の変更(* Change Charging method *)]

    "BlueXPデジタルウォレットのCloud Volumes ONTAP ページのスクリーンショット。表のすぐ上に[Change Charging Methodボタンがあります。"]

  3. 作業環境を選択して新しい充電方法を選択し、パッケージタイプを変更するとサービス料金に影響することを確認します。

    "Cloud Volumes ONTAP 作業環境の新しい充電方法を選択する[充電方法の変更ダイアログボックスのスクリーンショット。"]

  4. [充電方法の変更*]をクリックします。

結果

BlueXPは、Cloud Volumes ONTAP システムの充電方法を変更します。

また、BlueXPのデジタルウォレットでは、変更に合わせてパッケージタイプごとの消費容量が更新されます。

容量ベースのライセンスを削除する

容量ベースのライセンスの期限が切れて使用できなくなった場合は、いつでも削除できます。

手順
  1. BlueXPナビゲーションメニューから、* Governance > Digital Wallet *を選択します。

  2. [ライセンスの削除(Cloud Volumes ONTAP )]タブで、ライセンスの横にあるアクションメニューをクリックし、[ライセンスの削除(Remove License)]を選択します。

  3. [ 削除( Remove ) ] をクリックして確定します。