日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AppTemplate について説明します

AppTemplate サービスを使用すると、作業環境でのリソース作成を標準化できます。たとえば、「ボリュームテンプレート」内の必須パラメータをハードコーディングして、あとでストレージ管理者がテンプレートを使用してボリュームを作成するときに適用できます。これには、必要なディスクタイプ、サイズ、プロトコル、 Snapshot ポリシー、クラウドプロバイダ、 その他。作成したボリュームごとに、 Cloud Backup などの特定のサービスをオンにすることもできます。

テンプレートを使用することで、ストレージ管理者は、データベース、 E メール、ストリーミングサービスなど、導入する各アプリケーションのワークロード要件に合わせて最適化されたボリュームを簡単に作成できます。また、各ボリュームがアプリケーションごとに最適に作成されていることを確認すれば、ストレージアーキテクトの負担が軽減されます。

の機能

AppTemplate には、次の機能と利点があります。

  • インフラの設計と開発を自動化し、改善します

  • クラウドバックアップやクラウドデータセンスなど、さまざまな NetApp クラウドサービスを 1 箇所でアクティブ化できます

  • 変更され、テンプレートに適合しなくなったリソースを特定します(「ドリフト」機能を使用)。

    この時点で、リソースをテンプレートに合わせて戻すために、手動で調整を行う必要があります。 "ドリフトの詳細については、こちらをご覧ください"

使用可能なテンプレートアクション

テンプレートは、事前に定義された値を持つ「アクション」のチェーンです。次のアクションを含むテンプレートを作成できます。

  • リソースアクション: *

  • Cloud Volumes ONTAP ボリュームの作成( AWS 、 Azure 、 GCP 上)

  • Azure NetApp Files ボリュームを作成します

  • オンプレミスの ONTAP ボリュームを作成

  • Cloud Volumes ONTAP 作業環境の作成( AWS 上のシングルノードまたは HA システム)

  • 特定の基準を満たす既存のリソースを検索する(既存のリソースに「サービス」アクションを適用できるようにする)

  • サービスアクション: *

  • アクティブ化します "クラウドバックアップ" ボリューム( Azure NetApp Files には該当しません)

  • アクティブ化します "クラウドデータの意味" ボリューム

  • アクティブ化します "レプリケーション" ボリューム( Azure NetApp Files には該当しません)

たとえば、 Cloud Volumes ONTAP ボリュームを作成するテンプレートを作成できます。または、 Cloud Volumes ONTAP ボリュームを作成してから、そのボリュームで Cloud Backup を有効にします。または、 Cloud Volumes ONTAP ボリュームを作成し、そのボリュームで Cloud Backup_or_Cloud Data Sense を有効にします。

ネットアップは、時間の経過とともにアクションを追加します。

AppTemplate の仕組み

AppTemplate サービスは 3 つの部品で構成されています。テンプレートを実行した結果、使用可能なテンプレート「アクション」、カスタマイズされたアプリケーションテンプレート、および展開されたリソース。次の図は、各コンポーネント間の関係を示しています。

アプリケーションテンプレートの作成と使用に関連するさまざまなユーザーのダイアグラム。

高レベルでは、テンプレートは次のように機能します。

  1. ネットアップでは、使用可能なテンプレート「アクション」を定義しています。

    たとえば、「処理」を使用して Cloud Volumes ONTAP ボリュームや Azure NetApp Files ボリュームを作成できます。

  2. ストレージアーキテクトは、アプリケーションテンプレートの作成に使用する「アクション」を選択し、リストされたパラメータに特定の値をハードコーディングします。

    たとえば、 Cloud Volumes ONTAP データベースのワークロードの伝送に使用される高速ディスクと大容量の RAM を選択します。また、ボリュームごとにバックアップを作成する必要があります。

  3. ストレージ管理者は、テンプレートを使用して、使用するアプリケーションに合わせて最適化されたリソースを作成します。

    たとえば、データベース用に作成したボリュームテンプレートを使用して、 Oracle データベースに使用するボリュームを作成します。

  4. このサービスは、ストレージアーキテクトが決定した「ドリフト」機能を使用して、テンプレートで定義されている特定のリソース設定を追跡します。

価格とライセンス

AppTemplate 機能はライセンス不要で、すべての Cloud Manager ユーザが無料で使用できます。

注記 テンプレートを使用すると、作成したリソースにクラウドサービスを適用できます。たとえば、すべてのボリュームで Cloud Backup を有効にします。この場合、バックアップサービスと、バックアップファイルで使用されるオブジェクトストレージスペースの使用コストが発生します。

制限

  • AppTemplate サービスは、 Gov クラウドのどのリージョンでも、またはインターネットにアクセスできないサイトではサポートされていません。

  • テンプレートを使用して既存のアグリゲートに Cloud Volumes ONTAP ボリュームを作成することはできません。新しいアグリゲートに新しいボリュームが作成されます。