日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter Plug-in for VMware vSphereの登録

寄稿者

BlueXPにデータストアと仮想マシンを表示するには、SnapCenter Plug-in for VMware vSphereをBlueXPに登録する必要があります。SnapCenter Plug-in for VMware vSphereの登録は、管理者アクセス権を持つユーザのみが実行できます。

注記 複数のSnapCenter Plug-in for VMware vSphereを登録できます。ただし、一度登録すると、SnapCenter Plug-in for VMware vSphereを削除できなくなります。
手順
  1. BlueXP UIで、[保護>*バックアップとリカバリ*>*仮想マシン*]をクリックします。

  2. [設定]ドロップダウンから、[* SnapCenter Plug-in for VMware vSphere*]をクリックします。

  3. [* SnapCenter Plug-in for VMware vSphere*の登録]をクリックします。

  4. 次の情報を指定します。

    1. SnapCenter Plug-in for VMware vSphereフィールドで、SnapCenter Plug-in for VMware vSphereのFQDNまたはIPアドレスを指定します。

    2. Portフィールドで、SnapCenter Plug-in for VMware vSphereを実行しているポート番号を指定します。

      SnapCenter Plug-in for VMware vSphereとCloud Backup for Virtual Machinesの間の通信に使用するポートが開いていることを確認する必要があります。

    3. Username and Passwordフィールドで、管理者ロールを持つユーザのクレデンシャルを指定します。

  5. [*Register] をクリックします。

    • 終了後 *

[バックアップとリカバリ>*仮想マシン*]をクリックして、登録済みのSnapCenter Plug-in for VMware vSphereを使用した保護の対象となるすべてのデータストアおよび仮想マシンを表示します。