日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クライアントプロトコル

Cloud Volumes ONTAP は、 iSCSI 、 NFS 、 SMB 、 S3 のクライアントプロトコルをサポートしています。

iSCSI

iSCSI は、標準のイーサネットネットワークで実行できるブロックプロトコルです。ほとんどのクライアントオペレーティングシステムには、標準のイーサネットポートで動作するソフトウェアイニシエータが搭載されています。

NFS

NFS は、 UNIX および Linux システム向けの従来のファイルアクセスプロトコルです。クライアントは、 NFSv3 、 NFSv4 、および NFSv4.1 プロトコルを使用して ONTAP ボリューム内のファイルにアクセスできます。ファイルアクセスは、 UNIX 形式の権限、 NTFS 形式の権限、またはその両方の組み合わせを使用して制御できます。

クライアントは、 NFS プロトコルと SMB プロトコルの両方を使用して同じファイルにアクセスできます。

SMB

SMB は、 Windows システム向けの従来のファイルアクセスプロトコルです。クライアントは、 SMB 2.0 、 SMB 2.1 、 SMB 3.0 、および SMB 3.1.1 の各プロトコルを使用して ONTAP ボリューム内のファイルにアクセスできます。NFS と同様に、複数の形式の権限の組み合わせがサポートされています。

S3

Cloud Volumes ONTAP では、Microsoft AzureでのみS3をスケールアウトストレージのオプションとしてサポートしています。S3 プロトコルをサポートすると、 SVM のバケットに格納されたオブジェクトへの S3 クライアントアクセスを設定できるようになります。