日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

拡張ビューを使用してCloud Volumes ONTAP を管理します

寄稿者

Cloud Volumes ONTAP の高度な管理が必要な場合は、ONTAP システムに付属の管理インターフェイスであるONTAP System Managerを使用して実行できます。高度な管理のためにCloud Managerを終了する必要がないように、Cloud ManagerのインターフェイスはCloud Managerに直接組み込まれています。

この拡張ビューはプレビューとして使用できます。今後のリリースでは、この点をさらに改良し、機能を強化する予定です。製品内のチャットでご意見をお寄せください。

の機能

Cloud ManagerのAdvanced Viewでは、次の管理機能を使用できます。

  • 高度なストレージ管理

    整合グループ、共有、qtree、クォータ、およびStorage VMの管理

  • ネットワーク管理

    IPspace、ネットワークインターフェイス、ポートセット、およびイーサネットポートを管理します。

  • イベントとジョブ

    イベントログ、システムアラート、ジョブ、および監査ログを表示します。

  • 高度なデータ保護

    Storage VM、LUN、および整合グループを保護する。

  • ホスト管理

    SANイニシエータグループとNFSクライアントを設定します。

サポートされている構成

System Managerを使用した高度な管理は、標準のクラウドリージョンでCloud Volumes ONTAP 9.10.0以降でサポートされます。

GovCloudリージョンまたはアウトバウンドのインターネットアクセスがないリージョンでは、System Managerの統合はサポートされません。

制限

System Managerインターフェイスに表示されるいくつかの機能は、Cloud Volumes ONTAP ではサポートされません。

  • クラウド階層化

    クラウド階層化サービスはCloud Volumes ONTAP ではサポートされていません。ボリュームの作成時に、Cloud Managerの標準ビューからオブジェクトストレージへのデータの階層化が直接設定されている必要があります。

  • 階層

    アグリゲートの管理(ローカル階層とクラウド階層を含む)はSystem Managerではサポートされていません。アグリゲートは、Cloud Managerの標準ビューから直接管理する必要があります。

  • ファームウェアのアップグレード

    Cloud Volumes ONTAP では、[クラスタ]>[設定*]ページからの自動ファームウェア更新はサポートされていません。

また、System Managerからのロールベースアクセス制御はサポートされていません。

開始方法

Cloud Volumes ONTAP 作業環境を開き、詳細ビューオプションをクリックします。

手順
  1. キャンバスページで、Cloud Volumes ONTAP システムの名前をダブルクリックします。

  2. 右上の*[拡張表示に切り替える]をクリックします。

    詳細ビューに切り替えオプションを示すCloud Volumes ONTAP 作業環境のスクリーンショット。

  3. 確認メッセージが表示されたら、そのメッセージを読み、*閉じる*をクリックします。

  4. System Managerを使用してCloud Volumes ONTAP を管理する。

  5. 必要に応じて、* Standard Viewに切り替え*をクリックして、Cloud Managerを使用した標準的な管理に戻ります。

    標準ビューに切り替えオプションを示すCloud Volumes ONTAP 作業環境のスクリーンショット。

System Managerの使用方法に関するヘルプ

Cloud Volumes ONTAP でSystem Managerを使用する際にサポートが必要な場合は、を参照してください "ONTAP のドキュメント" を参照してください。役立つリンクをいくつか紹介します。