日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Kubernetes クラスタの導入を開始する

Kubernetes クラスタを Cloud Manager に追加して、いくつかの高度なデータ管理手順をすばやく実行

クイックスタート

これらの手順を実行すると、すぐに作業を開始できます。

ご使用の環境がクラスタタイプの前提条件を満たしていることを確認してください。

Kubernetes クラスタを追加し、 Cloud Manager を使用して作業環境に接続できます。

Kubernetes の標準のインターフェイスと構成要素を使用して、永続ボリュームを要求および管理できます。Cloud Manager では、 NFS ストレージクラスと iSCSI ストレージクラスが作成されます。このクラスは、永続的ボリュームのプロビジョニング時に使用できます。

Kubernetes クラスタを Cloud Manager に追加したら、 Cloud Manager のリソースページでクラスタを管理できます。