日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Manager に Google Cloud Kubernetes クラスタを追加

Kubernetes クラスタを検出または Cloud Manager にインポートすることで、永続ボリュームを Google Cloud にバックアップできます。

クラスタを検出

フルマネージドまたは自己管理型の Kubernetes クラスタを検出できます。管理対象クラスタが検出されている必要があります。インポートすることはできません。

手順
  1. Canvas * で、 * 作業環境の追加 * をクリックします。

  2. Google Cloud Platform * > * Kubernetes Cluster * を選択し、 * Next * をクリックします。

    Google Cloud Platform と Kubernetes Cluster が選択された作業環境の追加ページのスクリーンショット。

  3. [Discover Cluster] を選択し、 [Next] をクリックします。

  4. 別の Google Cloud プロジェクトの Kubernetes クラスタを選択するには、 * プロジェクトの編集 * をクリックし、使用可能なプロジェクトを選択します。

    "利用可能な Google Cloud プロジェクトのドロップダウンを示す [ プロジェクトの編集 ページのスクリーンショット。"]

  5. Kubernetes クラスタを選択し、 * Next * をクリックします。

    選択した Kubernetes クラスタを表示する Kubernetes クラスタの検出ページのスクリーンショット

Cloud Manager によって Kubernetes クラスタがキャンバスに追加されます。

Kubernetes クラスタを示す Cloud Manager のキャンバスのスクリーンショット。

クラスタをインポートします

Kubernetes 構成ファイルを使用して、自己管理型の Kubernetes クラスタをインポートできます。

始める前に

Kubernetes クラスタをインポートするには、クラスタロール YAML ファイルで指定したユーザの認証局、クライアントキー、およびクライアント証明書が必要です。Kubernetes クラスタ管理者は、 Kubernetes クラスタでユーザを作成する際にこれらの認定資格を取得します。

手順
  1. Canvas * で、 * 作業環境の追加 * をクリックします。

  2. Google Cloud Platform * > * Kubernetes Cluster * を選択し、 * Next * をクリックします。

  3. [ クラスタのインポート ] を選択し、 [ 次へ ] をクリックします。

  4. Kubernetes 構成ファイルを YAML 形式でアップロードします。

    Kubernetes クラスタのインポートページのスクリーンショットで、構成ファイルと使用可能なクラスタの表を示しています。

Cloud Manager によって Kubernetes クラスタがキャンバスに追加されます。