日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

レプリケーションポリシーについて説明します

Cloud Manager でデータレプリケーションを設定するときに、レプリケーションポリシーの選択が必要になることがあります。レプリケーションポリシーは、ストレージシステムがソースボリュームからデスティネーションボリュームにデータをレプリケートする方法を定義します。

レプリケーションポリシーの機能

ONTAP オペレーティングシステムでは、 Snapshot コピーと呼ばれるバックアップが自動的に作成されます。Snapshot コピーは、ボリュームの読み取り専用イメージで、ある時点のファイルシステムの状態をキャプチャします。

システム間でデータをレプリケートする場合、ソースボリュームからデスティネーションボリュームに Snapshot コピーをレプリケートします。レプリケーションポリシーは、ソースボリュームからデスティネーションボリュームにレプリケートする Snapshot コピーを指定します。

ヒント レプリケーションポリシーは、ディザスタリカバリ保護やディスクツーディスクのバックアップとリカバリを提供する SnapMirror テクノロジと SnapVault テクノロジを基盤としているため、 _protection_policies とも呼ばれます。

次の図は、 Snapshot コピーとレプリケーションポリシーの関係を示しています。

この図は、ソースボリューム上の Snapshot コピーと、ソースボリュームからデスティネーションボリュームへのすべてまたは特定の Snapshot コピーのレプリケーションを指定するレプリケーションポリシーを示しています。

レプリケーションポリシーのタイプ

レプリケーションポリシーには、次の 3 種類があります。

  • A_Mirror_policy は、新しく作成された Snapshot コピーをデスティネーションボリュームにレプリケートします。

    これらの Snapshot コピーを使用すると、災害復旧や 1 回限りのデータ複製に備えて、ソース・ボリュームを保護できます。データアクセス用のデスティネーションボリュームは、いつでもアクティブにできます。

  • a_Backup_policy は、特定の Snapshot コピーをデスティネーションボリュームにレプリケートし、通常、ソースボリューム上で保持するよりも長期間にわたって Snapshot コピーを保持します。

    データが破損または損失した場合に、これらの Snapshot コピーからデータをリストアし、標準準拠やその他のガバナンス関連の目的で保持できます。

  • A_Mirror と Backup_policy は、ディザスタリカバリと長期保持の両方を提供します。

    各システムには、デフォルトのミラーおよびバックアップポリシーが含まれており、多くの状況に適しています。カスタムポリシーが必要な場合は、 System Manager を使用して独自のポリシーを作成できます。

次の図は、ミラーポリシーとバックアップポリシーの違いを示しています。ミラーポリシーは、ソースボリュームで使用可能な Snapshot コピーをミラーリングします。

この図は、ソースボリューム上の Snapshot コピーと、ソースボリュームをミラーリングするミラーデスティネーションボリュームを示しています。

通常、バックアップポリシーでは、ソースボリュームに保持されている Snapshot コピーよりも長い期間 Snapshot コピーが保持されます。

この図は、ソースボリューム上およびバックアップデスティネーションボリューム上の Snapshot コピーを示しています。 SnapVault は Snapshot コピーを長期保持用に保持するため、デスティネーションボリュームの Snapshot コピーがこれよりも多くなっています。