日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ライセンスの概要

14 日間の無料トライアル終了後に、同期関係の料金を支払う方法は 2 通りあります。最初のオプションは、 AWS または Azure から従量課金制または年払いのいずれかを購読することです。2 つ目の選択肢は、ネットアップから直接ライセンスを購入することです。

Marketplace サブスクリプション

AWS または Azure から Cloud Sync サービスに加入すると、 1 時間あたりの料金を支払うか、年間の料金を支払うことができます。 "AWS または Azure でサブスクライブできます"、どこに課金するかによって異なります。

時間単位のサブスクリプション

時間単位の従量課金制サブスクリプションでは、作成した同期関係の数に基づいて 1 時間ごとに課金されます。

年間サブスクリプション

年間サブスクリプションでは、事前に支払う 20 の同期関係のライセンスが提供されます。同期関係を 20 個以上に設定し、 AWS から登録した場合は、追加の関係分を 1 時間単位で支払います。

ネットアップのライセンス

同期関係のコストを事前に支払うもう 1 つの方法は、ネットアップからライセンスを直接購入することです。各ライセンスでは、最大 20 の同期関係を作成できます。

これらのライセンスは、 AWS または Azure サブスクリプションで使用できます。たとえば、 25 の同期関係がある場合は、ライセンスを使用して最初の 20 の同期関係に料金を支払い、残りの 5 つの同期関係を持つ AWS または Azure から従量課金制で支払うことができます。

ライセンス条項

Cloud Sync サービスに Bring Your Own License ( BYOL )を購入されたお客様は、ライセンス資格に関連する制限事項に注意する必要があります。

  • お客様は、納品日から 1 年を超えない期間、 BYOL ライセンスを利用できます。

  • お客様は、 BYOL ライセンスを利用して、ソースとターゲットの間の合計 20 個の個別接続を確立することができます(それぞれ「同期関係」)。

  • お客様の利用資格は、お客様が 20 件の同期関係の制限に達したかどうかに関係なく、 1 年間のライセンス期間の終了時に期限切れとなります。

  • お客様がライセンスの更新を選択した場合、以前のライセンス付与から関連付けられた未使用の同期関係は、ライセンスの更新には引き継がれません。