日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データの階層化に使用するオブジェクトストレージの管理

寄稿者

データを特定のオブジェクトストレージに階層化するようにオンプレミスのONTAP クラスタを設定したら、追加のオブジェクトストレージタスクを実行できます。新しいオブジェクトストレージの追加、セカンダリオブジェクトストレージへの階層化データのミラーリング、プライマリオブジェクトとミラーオブジェクトのストレージのスワップ、アグリゲートからのミラーオブジェクトストアの削除などが可能です。

クラスタに設定されているオブジェクトストアの表示

クラスタに対して設定されているすべてのオブジェクトストアと、それらが接続されているアグリゲートを表示することができます。Cloud Tiering は、各クラスタにこの情報を提供します。

手順
  1. クラスタダッシュボード*で、クラスタのメニューアイコンをクリックし、*オブジェクトストア情報*を選択します。

  2. オブジェクトストアの詳細を確認します。

    次の例では、Amazon S3とAzure Blobオブジェクトストアがクラスタ上の別のアグリゲートに接続されています。

    オブジェクトのストレージ情報、合計使用容量、オブジェクトストアに接続されているアグリゲート、オブジェクトストアの名前、および詳細情報を示すスクリーンショット。

新しいオブジェクトストアを追加しています

クラスタ内のアグリゲートに使用できる新しいオブジェクトストアを追加できます。作成したら、アグリゲートに接続できます。

手順
  1. クラスタダッシュボード*で、クラスタのメニューアイコンをクリックし、*オブジェクトストア情報*を選択します。

  2. [オブジェクトストア情報]ページで、[新規オブジェクトストアの作成]をクリックします。

    新しいオブジェクトストアを作成するためのCreate New Object Storeボタンを示すスクリーンショット。

    オブジェクトストアウィザードが起動します。次の例は、Amazon S3にオブジェクトストアを作成する方法を示しています。

  3. オブジェクトストレージ名の定義:このオブジェクトストレージの名前を入力します。このクラスタのアグリゲートで使用する可能性のある他のオブジェクトストレージから一意である必要があります。

  4. プロバイダの選択:「Amazon Web Services 」などのプロバイダを選択し、「 Continue *」をクリックします。

  5. Create Object Storage *ページで次の手順を実行します。

    1. * S3 Bucket :新しいS3バケットを追加するか、prefix_fabric-pool_で始まる既存のS3バケットを選択します。次に、バケットへのアクセスを提供するAWSアカウントIDを入力し、バケットのリージョンを選択して Continue *をクリックします。

      コネクタの IAM ポリシーではインスタンスが指定したプレフィックスのバケットに対して S3 処理を実行できるため、 fabric-pool_prefix が必要です。たとえば、 S3 バケット _fabric-pool-AFF1、 AFF1 はクラスタの名前です。

    2. * ストレージクラスのライフサイクル * : Cloud Tiering は、階層化されたデータのライフサイクルの移行を管理します。データは _Standard_class から始まりますが、データを特定の日数後に別のクラスに移動するルールを作成できます。

      階層化データの移行先となる S3 ストレージクラスと、データを移動するまでの日数を選択し、 * Continue * をクリックします。たとえば、次のスクリーンショットは、オブジェクトストレージで 45 日後に階層化データが _Standard_class から _Standard-IA_class に移動されたことを示しています。

      「 * このストレージクラスにデータを保持する」を選択した場合、データは _Standard_storage クラスに残り、ルールは適用されません。 "「サポートされているストレージクラス」を参照"

      特定の日数が経過したあとにデータを移動する別のストレージクラスの選択方法を示すスクリーンショット。

    ライフサイクルルールは、選択したバケット内のすべてのオブジェクトに適用されます。

    1. * クレデンシャル * :必要な S3 権限を持つ IAM ユーザのアクセスキー ID とシークレットキーを入力し、 * Continue * をクリックします。

      IAM ユーザは、「 * S3 Bucket * 」ページで選択または作成したバケットと同じ AWS アカウントに属している必要があります。階層化のアクティブ化に関するセクションで、必要な権限を確認してください。

    2. * クラスタネットワーク * : ONTAP がオブジェクトストレージへの接続に使用する IPspace を選択し、「 * 続行」をクリックします。

      正しい IPspace を選択すると、 Cloud Tiering を使用して、 ONTAP からクラウドプロバイダのオブジェクトストレージへの接続をセットアップできます。

オブジェクトストアが作成されます。

これで、クラスタ内のアグリゲートにオブジェクトストアを接続できるようになります。

ミラーリング用に2つ目のオブジェクトストアをアグリゲートに接続しています

2つ目のオブジェクトストアをアグリゲートに接続してFabricPool ミラーを作成し、2つのオブジェクトストアにデータを同期的に階層化することができます。アグリゲートにオブジェクトストアがすでに1つ接続されている必要があります。 "FabricPool ミラーの詳細については、こちらをご覧ください"

MetroCluster 構成を使用する場合は、異なるアベイラビリティゾーンにあるパブリッククラウドでオブジェクトストアを使用することを推奨します。 "MetroCluster 要件の詳細については、ONTAP のドキュメントを参照してください"

MetroCluster 構成でStorageGRID をオブジェクトストアとして使用する場合、両方のONTAP システムで単一のStorageGRID システムへのFabricPool 階層化を実行できます。各ONTAP システムでは、データを別々のバケットに階層化する必要があります。

手順
  1. [クラスタダッシュボード]で、選択したクラスタの[詳細設定*]をクリックします。

    クラスタのAdvanced Setupボタンを示すスクリーンショット。

  2. 詳細設定ページで、使用するオブジェクトストアをミラーオブジェクトストアの場所にドラッグします。

    2つ目のオブジェクトストアをアグリゲートにドラッグして階層化ミラーを作成する方法を示すスクリーンショット。

  3. オブジェクトストアの接続ダイアログで、*接続*をクリックし、2つ目のオブジェクトストアをアグリゲートに接続します。

    アグリゲートに接続された2つ目のオブジェクトストアを示すスクリーンショット。

2つのオブジェクトストアの同期中は、ミラーステータスが「同期中」と表示されます。同期が完了すると、ステータスが「Synchronized」に変わります。

プライマリオブジェクトストアとミラーオブジェクトストアを交換しています

アグリゲートのプライマリオブジェクトストアとミラーオブジェクトストアをスワップできます。オブジェクトストアミラーがプライマリになり、元のプライマリがミラーになります。

手順
  1. [クラスタダッシュボード]で、選択したクラスタの[詳細設定*]をクリックします。

    クラスタのAdvanced Setupボタンを示すスクリーンショット。

  2. Advanced Setupページで、アグリゲートのメニューアイコンをクリックし、* Swap Destinations *を選択します。

    アグリゲートのSwap Destinationオプションを示すスクリーンショット

  3. ダイアログボックスでアクションを承認し、プライマリオブジェクトストアとミラーオブジェクトストアがスワップされます。

アグリゲートからのミラーオブジェクトストアの削除

追加のオブジェクトストアにレプリケートする必要がなくなった場合は、FabricPool ミラーを削除できます。

手順
  1. [クラスタダッシュボード]で、選択したクラスタの[詳細設定*]をクリックします。

    クラスタのAdvanced Setupボタンを示すスクリーンショット。

  2. Advanced Setupページで、アグリゲートのメニューアイコンをクリックし、* Unmirror Object Store *を選択します。

    アグリゲートのUnmirror Object Storeオプションを示すスクリーンショット。

ミラーオブジェクトストアがアグリゲートから削除され、階層化データはレプリケートされなくなります。

注記 MetroCluster 構成からミラーオブジェクトストアを削除する場合は、プライマリオブジェクトストアも削除するかどうかの確認を求められます。プライマリオブジェクトストアをアグリゲートに接続したままにすることも、削除することもできます。

階層化されたデータを別のクラウドプロバイダに移行する

Cloud Tieringを使用すると、階層化されたデータを別のクラウドプロバイダに簡単に移行できます。たとえば、Amazon S3からAzure Blobに移動する場合は、上記の手順を次の順序で実行できます。

  1. Azure Blobオブジェクトストアを追加

  2. この新しいオブジェクトストアをミラーとして既存のアグリゲートに接続します。

  3. プライマリオブジェクトストアとミラーオブジェクトストアを入れ替えます。

  4. Amazon S3オブジェクトストアのミラーリングを解除します。