日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Google Cloud のストレージ制限

Cloud Volumes ONTAP には、安定した運用を実現するために、ストレージ構成の制限があります最大のパフォーマンスを得るためには、システムを最大値で構成しないでください。

ライセンス別の最大システム容量

Cloud Volumes ONTAP システムの最大システム容量はライセンスで決まります。最大システム容量には、ディスクベースのストレージに加えて、データの階層化に使用されるオブジェクトストレージが含まれます。

ネットアップでは、システム容量の制限を超えた使用はサポートしていません。ライセンス容量の上限に達すると、 Cloud Manager は「 Action Required 」メッセージを表示し、ディスクを追加できなくなります。

一部の構成では、ディスク制限により、ディスクのみを使用して容量制限に達することができません。を使用して容量の制限に達することができます "使用頻度の低いデータをオブジェクトストレージに階層化します"。詳細については、以下のディスク制限を参照してください。

使用許諾 最大システム容量(ディスク + オブジェクトストレージ)

フリーミアム

500 GB

PAYGO Explore

2TB ( Explore ではデータ階層化はサポートされません)

PAYGO Standard の略

10 TB

PAYGO Premium

368 TB

ノードベースのライセンス

1 ライセンスあたり 368 TB

容量単位のライセンスです

2 PiB

容量制限は HA ペア全体の容量制限です。ノード単位ではありません。たとえば、 Premium ライセンスを使用する場合、両方のノード間で最大 368 TB の容量を確保できます。

いいえ、できません。HA ペアのデータは、 Google Cloud で障害が発生した場合にデータを利用できるように、ノード間で同期的にミラーされます。たとえば、ノード A で 8TB ディスクを購入した場合、 Cloud Manager は、ミラーリングされたデータに使用する 8 TB のディスクをノード B にも割り当てます。16TB の容量がプロビジョニングされましたが、ライセンスの上限には 8TB しかカウントされません。

ディスクと階層化の制限

次の表に、ディスクのみの場合の最大システム容量と、オブジェクトストレージへのディスクおよびコールドデータの階層化を示します。ディスク制限はユーザデータが格納されたディスクに固有です。この制限には、ブートディスクとルートディスクは含まれていません。

パラメータ 制限( Limit )

最大データディスク数

  • シングルノードシステムの場合は 124

  • HA ペアの場合はノードあたり 123

最大ディスクサイズ

64 TB

ディスクのみでの最大システム容量

256 TB^1

ディスクおよびコールドデータ階層化を使用した最大システム容量 Google Cloud Storage バケット

ライセンスによって異なります。上の表を参照してください。

^1 この制限は、 Google Cloud Platform の仮想マシンの制限により定義されています。

アグリゲートの制限

Cloud Volumes ONTAP は、 Google Cloud Platform のディスクを Aggregate. にグループ化します。アグリゲートは、ボリュームにストレージを提供します。

パラメータ 制限( Limit )

最大データアグリゲート数 ^1 ^

  • シングルノードの場合は 99

  • HA ペア全体で 64

最大アグリゲートサイズ

256 TB の物理容量 2

アグリゲートあたりのディスク数

1-63

アグリゲートあたりの RAID グループの最大数

1.

注:

  1. データアグリゲートの最大数にルートアグリゲートは含まれません。

  2. アグリゲートの容量の制限は、アグリゲートを構成するディスクに基づいています。データの階層化に使用されるオブジェクトストレージは制限に含まれません。

  3. アグリゲート内のディスクはすべて同じサイズである必要があります。

Storage VM の制限

一部の構成では、 Cloud Volumes ONTAP 用に Storage VM ( SVM )を追加で作成することができます。

これらはテスト済みの制限です。理論的には追加の Storage VM を設定できますが、サポート対象外です。

ライセンスタイプ Storage VM の最大数

* Freemium *

合計24個のStorage VM:^1

*容量ベースのPAYGOまたはBYOL *2

合計24個のStorage VM:^1

*ノードベースのBYOL *3

合計24個のStorage VM:^1

* ノードベースの PAYGO *

  • データ提供用の Storage VM × 1

  • ディザスタリカバリ用の Storage VM × 1

  1. これらの 24 個の Storage VM からデータを提供することも、ディザスタリカバリ( DR )用に設定することもできます。

  2. 容量ベースのライセンスの場合、追加の Storage VM には追加のライセンスコストは発生しませんが、 Storage VM 1 台あたり最低容量は 4TiB 課金されます。たとえば、 2 台の Storage VM を作成し、それぞれに 2TiB のプロビジョニング済み容量がある場合、合計で 8TiB の容量が請求されます。

  3. ノードベースの BYOL の場合、デフォルトでは、 Cloud Volumes ONTAP に付属する最初の Storage VM 以降の追加の DATA Serving_storage VM ごとにアドオンライセンスが必要です。アカウントチームに問い合わせて Storage VM アドオンライセンスを取得してください。

    ディザスタリカバリ( DR )用に設定する Storage VM には追加ライセンスは必要ありませんが(無償)、 Storage VM の数は制限に含まれます。たとえば、ディザスタリカバリ用に設定されたデータ提供用の Storage VM が 12 台ある場合、上限に達し、それ以上 Storage VM を作成できません。

論理ストレージの制限

論理ストレージ パラメータ 制限( Limit )

* ファイル *

最大サイズ

16 TB

ボリュームあたりの最大数

ボリュームサイズは最大 20 億個です

* FlexClone ボリューム *

クローン階層の深さ12

499

* FlexVol ボリューム *

ノードあたりの最大数

500

最小サイズ

20 MB

最大サイズ

100 TB

* qtree *

FlexVol あたりの最大数

4,995

* Snapshot コピー *

FlexVol あたりの最大数

1,023

  1. クローン階層の深さは、 1 つの FlexVol から作成できる、ネストされた FlexClone ボリュームの最大階層です。

iSCSI ストレージの制限

iSCSI ストレージ パラメータ 制限( Limit )

* LUN*

ノードあたりの最大数

1,024

LUN マップの最大数

1,024

最大サイズ

16 TB

ボリュームあたりの最大数

512

* igroup 数 *

ノードあたりの最大数

256

* イニシエータ *

ノードあたりの最大数

512

igroup あたりの最大数

128

* iSCSI セッション *

ノードあたりの最大数

1,024

* LIF *

ポートあたりの最大数

1.

ポートセットあたりの最大数

32

* ポートセット *

ノードあたりの最大数

256