日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP 9.7 のライセンス

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Volumes ONTAP には、いくつかのライセンスオプションがあります。それぞれのオプションを使用することで、ニーズに合わせた構成を選択できます。

ライセンスの概要

次の表に、 Cloud Volumes ONTAP のライセンスオプションの概要を示します。

これらのライセンスオプション以外にも、ライセンスや契約を購入せずに Cloud Volumes ONTAP を使い始めるための _Freemium_offering を選択することもできます。

充電方法 ハイライト サポート 最大システム容量

容量ベースのライセンス: Essentials パッケージ

  • 1 つ以上の Cloud Volumes ONTAP システムの容量は TiB あたりの料金を負担します

  • Cloud Volumes ONTAP の個別ライセンスを提供:

    • シングルノードまたは HA システム

    • ファイルおよびブロックストレージまたはセカンダリデータ( DR )

  • お客様所有のライセンスを使用( BYOL )することで利用できます

含まれます

2PB

容量ベースのライセンス:プロフェッショナルパッケージ

  • 1 つ以上の Cloud Volumes ONTAP システムの容量は TiB あたりの料金を負担します

  • すべての Cloud Volumes ONTAP 構成(シングルノードまたは任意のストレージタイプの HA )にライセンスを提供

  • Cloud Backup Service を使用したボリュームのバックアップを含みます(このライセンスに基づいて課金されるボリュームの場合のみ)

  • AWS Marketplace での年間契約またはネットアップから購入したお客様所有のライセンス( BYOL )によって利用できます

含まれます

2PB

ノード単位で従量課金制

  • クラウドプロバイダが提供するマーケットプレイスサブスクリプションを通じて、 1 時間単位で料金を支払うことができます

  • 充電は Cloud Volumes ONTAP ノードごとに行われます

  • Explore 、 Standard 、 Premium の 3 つのライセンスオプションから選択できます

付属していますが、必ず設定してください "サポートを有効にします"

  • 調査: 2TiB

  • Standard : 10TiB

  • Premium : 368 TiB

ノードベースのライセンス

  • Cloud Volumes ONTAP の旧世代の BYOL

  • ノードベースのライセンスは、ライセンスの更新のみ可能です

含まれます

1 ライセンスあたり 368 TiB

以降のセクションでは、これらの各オプションについて詳しく説明します。

フリーミアムのサービス

  • Cloud Volumes ONTAP のすべての機能をネットアップが無償で提供する新しいサービス(クラウドプロバイダの料金がまだ適用されます)。

  • ライセンスや契約は必要ありません。

  • サポートは含まれていません。

  • Cloud Volumes ONTAP システムあたりの割り当て容量は 500GiB に制限されています。

  • ネットアップのアカウントごとに、最大 10 台の Cloud Volumes ONTAP システムを Freemium 製品で使用できます。

  • Cloud Volumes ONTAP システムのプロビジョニング済み容量が 500GiB を超えると、 Cloud Manager はシステムを Essentials パッケージ(容量ベースのライセンス)に変換して充電を開始します。

    プロビジョニングされた容量が 500 GiB 未満の他のシステムは、 Freemium 製品に残ります( Freemium 製品を使用して展開されている場合)。

Freemium 製品の使用を開始するには、新しい Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成し、充電方法の選択を求めるプロンプトが表示されたら「 * Freemium * 」を選択します。

容量ベースのライセンス

容量単位のライセンスでは、 TiB 単位の Cloud Volumes ONTAP に対して料金を支払うことができます。このライセンスはネットアップアカウントに関連付けられており、ライセンスで十分な容量が使用可能であれば、ライセンスに対して複数のシステムを充電することができます。

たとえば、 20TiB のライセンスを 1 つ購入して 4 つの Cloud Volumes ONTAP システムを導入し、各システムに 5TiB のボリュームを割り当てて合計 20TiB にするとします。

Cloud Volumes ONTAP システム単位でライセンスを購入する場合とは異なり、容量ベースのライセンスがネットアップアカウントに発行されます。作成した容量は、そのアカウントに導入されている各 Cloud Volumes ONTAP システム上のボリュームで使用できます。

容量ベースのライセンスは、 a_packag_ の形式で用意されています。Cloud Volumes ONTAP システムを導入する際には、 Essentials または Professional のいずれかのパッケージを選択できます。

このライセンス方式は Cloud Volumes ONTAP 9.7 以降で使用できます。

注記 パッケージごとに 4TiB 以上の容量を追加容量が 4TiB 未満の Cloud Volumes ONTAP インスタンスは、 4TiB の割合で請求されます。
Essentials パッケージ
  • Cloud Volumes ONTAP の個別ライセンスを提供:

    • シングルノードまたは HA システム

    • ディザスタリカバリ( DR )用のファイルストレージとブロックストレージまたはセカンダリデータ

  • このパッケージは、ネットアップから購入したライセンス( BYOL )として利用できます。

  • サブスクリプション期間中はサポートが含まれます。

  • 別のライセンスオプションへの変換はサポートされていません。

  • 個々の Cloud Volumes ONTAP システムでは、ディスクとオブジェクトストレージへの階層化によって、最大 2 PB の容量をサポートしています。

プロフェッショナルパッケージ
  • すべての Cloud Volumes ONTAP 構成(シングルノードまたは任意のストレージタイプの HA )にライセンスを提供します。

  • Cloud Backup Service を使用したボリュームのバックアップを含みます(このライセンスに基づいて課金されるボリュームの場合のみ)。

  • このパッケージは、 AWS Marketplace での年間契約、または NetApp から購入したライセンス( BYOL )として提供されます。

    AWS Marketplace 契約がある場合、導入する _ALL_Cloud Volumes ONTAP システムにはその契約が適用されます。BYOL と Marketplace 契約を組み合わせることはできません。

  • サブスクリプション期間中はサポートが含まれます。

  • 別のライセンスオプションへの変換はサポートされていません。

  • 個々の Cloud Volumes ONTAP システムでは、ディスクとオブジェクトストレージへの階層化によって、最大 2 PB の容量をサポートしています。

容量ベースのライセンスの使用を開始するには、 "ネットアップ営業にお問い合わせください" 次に。

ノード単位で従量課金制

  • 従量課金制の場合は、クラウドプロバイダのマーケットプレイスから 1 時間ごとにサブスクリプションを購入する必要があります。

  • 充電は Cloud Volumes ONTAP ノードごとに行われます。

  • Cloud Volumes ONTAP には、 Explore 、 Standard 、 Premium の 3 種類のライセンスオプションがあります。それぞれのライセンスで、サポートされるストレージ容量とコンピューティング容量が異なります。

  • クラウドプロバイダに初めて導入する Cloud Volumes ONTAP システムについては、 30 日間の無償トライアルを利用できます。 "30 日間の無償トライアルの詳細をご覧ください"

    • ソフトウェア料金は時間単位では発生しませんが、クラウドプロバイダのインフラ料金には(コンピューティング、ストレージ、ネットワーク)が引き続き適用されます。

    • 無料トライアルが終了すると、選択したライセンスに応じて 1 時間ごとに請求されます。ただし、ご登録いただいている場合に限ります。購読していない場合は、システムがシャットダウンします。

      Cloud Volumes ONTAP システムの作成時に、 Cloud Manager からクラウドプロバイダのマーケットプレイスに登録するよう求められたら、

  • 別のライセンスオプションへの変換はサポートされていません。

  • 基本的なテクニカルサポートが提供されますが、必ず実施する必要があります "に関連付けられたネットアップのシリアル番号を登録してアクティブ化します システム"

価格設定の詳細はクラウドプロバイダのマーケットプレイスから確認できます:

PAYGO の利用を開始するには、 Cloud Volumes ONTAP の作業環境を構築し、クラウドプロバイダの市場への登録を求められたら同意する必要があります。

ノードベースのライセンス

  • Cloud Volumes ONTAP の旧世代の BYOL 。

  • ノードベースのライセンスは、ライセンスの更新のみ可能です。

  • 各 Cloud Volumes ONTAP システムは、ライセンスあたり最大 368 TiB の容量をサポートします。

  • 別のライセンスオプションへの変換はサポートされていません。

容量ベースのライセンスに移行する場合は、ライセンスを購入して新しい Cloud Volumes ONTAP システムを導入し、その新しいシステムにデータをレプリケートできます。